東京の最安葬儀なら葬儀会社「極空ごくう」。お葬式の事ならお任せ下さい

永代供養墓とは?どんな人におすすめ?先祖代々の墓との違いは?

お墓について考え出すと「永代供養墓(えいたいくようぼ)」という言葉を目にすることが増えますよね。しかし単に「永遠に供養してくれそう」というイメージを持っているだけで、意味がスッキリわかっていないという方も多いのではないでしょうか。

それから「永代供養(えいたいくよう)」と似た言葉で「永代使用(えいたいしよう)」という言葉もあり、同じような意味だろうと考えてしまいがちですが、実はこの二つの言葉の意味は全く違うので注意が必要なのです。

永代供養と永代使用は、口に出すととわずか一文字の違いしかありませんので、紛らわしいと感じてしまうのは当然のことですよね。しかし言葉の意味が曖昧なままお墓選びを進めてしまうと、「こんなはずではなかった」と大きな後悔をする原因にもなってしまうので、しっかりと確認していきましょう。

今回は「永代供養墓」について、「先祖代々の墓」との違いにも触れながらご説明していきます。

MEMO

先祖代々の墓を「家墓(いえはか)」と呼ぶこともあります。

永代供養墓とは

出典:永代供養普及会

永代供養墓とは、カンタンに言うと「家族や親族の代わりに、寺院や霊園が供養してくれるお墓」のことです。最初から合祀(ごうし)されるか、一定の安置期間後に合祀されることがほとんどです。

MEMO

  • 合祀(ごうし)とは、合わせて祀る(あわせてまつる)という意味で、複数人の遺骨を混ぜて埋葬することです。同じ意味を持つ「合葬(がっそう)」という言葉もあります。
  • 永代供養墓で一番注意しなければならないのは、合祀されてしまうと後から一人分の遺骨を取り出すことができなくなるということです。

少子高齢化が進んだ日本では、先祖代々の墓を親戚で守っていくことが難しくなりました。たとえ子どもがいたとしてもお墓の管理という面倒をかけたくないと考える人が増えてきたため、このように合理的なお墓のシステムが誕生しました。

永代供養墓を選べば、お墓の承継者(墓守り)がいなくなっても、無縁仏になることなくずっと供養されますので、死後の心配をしなくても良くなるという「安心」を得られるでしょう。

ただし永代供養墓のシステムは従来のお墓とは違い、さまざまなタイプがありますので、契約内容をよく確認する必要があります。

永代供養墓と先祖代々の墓(家墓)との違い

永代供養墓と先祖代々の墓は、次のように表すことができます。

  • 永代供養墓:「永代供養」付きのお墓(供養料と管理費は含まれている
  • 先祖代々の墓:「永代使用」の権利を買って受け継いでいくお墓(供養料と管理費は含まれていない

永代供養墓は、供養料と管理費を契約時に一括払いすることが多いので、墓守りがいなくても供養はされます。お墓のタイプは契約状態によりさまざまですが、個別のお墓はなくて最初から合祀されるか、一定期間だけ遺骨が安置された後に合祀されることがほとんどです。

それに対して先祖代々の墓は、「永代使用料」を払ってお墓を使用する権利を買いますが、そこには供養料と管理費は含まれていません。そのため、墓守りがいなくなれば誰にも供養されませんし、管理料が支払われることもないので、無縁仏という扱いになり、いずれはお墓も撤去されてしまいます。

それに先祖代々の墓は、宗教・宗派が決められていることが多いので、異なる宗教を信仰している人間は同じお墓に入ることができません。もちろん親族以外の人間やペットが同じお墓に入ることは、ほぼ不可能と言えるでしょう。ただし個別の骨壺で期限を決めずに納骨できるところは大きなメリットです。

MEMO

永代使用料は、お墓を使用する権利を買っただけで、土地を買ったわけではありません。そのためお墓の管理料が支払われなくなれば、いずれ使用権は失われますし、お墓を使わなくなったからといって使用権を他人に譲渡することもできません。

永代供養墓と先祖代々の墓には、どちらも一長一短がありますので、ご家族やご親戚ともよく相談された上でどのようなお墓にするか決めることをおすすめします。

永代供養墓の3つの埋葬方法

永代供養墓の埋葬方法について見ていきましょう。永代供養墓には遺骨をお墓なしで骨壺に安置するものや、見た目は従来のお墓と変わらないものなど色々な種類がありますが、遺骨の扱い方で大きく3つに分けることができます。

①他人の遺骨とまとめる(合祀)

他人の遺骨と混ぜて土に還す方法です。いったん遺骨を混ぜてしまうと、後から一人分の遺骨だけを取り出すことはできなくなります。個別の管理が必要ないので、費用を安く抑えることができます。

②個別に安置・埋葬

他人と遺骨を混ぜることなく、一人分を骨壺に入れて安置する方法です。そのまま永遠に合祀されずに、家族と同じお墓に入れるものなども少しはありますが、費用は高くなります。

MEMO

骨壺に入れることなく、遺骨を直接土に還す方法もあります。

③個別で一定期間安置してから、他人の遺骨とまとめる

最初は一人分を骨壺に入れて安置して、一定期間が過ぎた後に他人の遺骨と混ぜて土に還す方法です。安置する期間は契約内容によって変わりますが、数年のものから17回忌、33回忌、50回忌までというように区切りやすい年までとすることがほとんどです。

永代供養墓の4つのスタイル

埋葬方法がわかったところで、次に永代供養墓の代表的なスタイルについて見ていきましょう。屋内型、屋外型、見た目は普通のお墓と変わらないものなど、さまざまなスタイルがありますので、希望と予算に応じて選びます。

①合祀墓(合葬墓)

出典:メモリアル多摩

色々な方の遺骨をひとまとめにした共同のお墓です。遺骨の上に仏像や石碑などの大きなモニュメントを建てているところもあります。

②永代供養付きのお墓

出典:株式会社大塚

永代供養が付いた見た目は普通のお墓です。一定期間は普通のお墓として使用した後に、合祀されるものがほとんどです。骨壺に入れずに区画を決めて、直接土に還すお墓などもあります。

③納骨堂

出典:ゆめみどう

普通のお墓はなく、骨壺を安置しておく施設です。駅から近く便利な場所にあることも多いので、お参りするのに便利です。ロッカーのようになっているもの、高級ホテルのように豪華な納骨堂、光る納骨堂などさまざまなスタイルがあります。

お子様がいない方や独り身の方はもちろんのこと、ご夫婦やお友だち同士で一緒に安置できるなど、宗教とは関係なく自由な形で供養できる施設が多いので、現代のライフスタイルに合った人気のお墓と言えるでしょう。

④樹木葬

出典:株式会社アンカレッジ

墓石の代わりに花や木を目印にしたお墓です。大きな木の周りに遺骨を埋めるものや、プレートに名前を刻印して個別に遺骨を埋めるものなど霊園ごとに特徴があります。公園のような明るい雰囲気で、近隣の方が気軽にお散歩されているような場所もあり、都心に近い人気の霊園はすぐに完売になってしまうところも。

宗教や宗派を問わず、ペットとともに納骨できるところも多いので、特に自然を愛する方に人気の高いお墓です。最近では寺院内にも樹木葬ができるところが増えてきましたが、その場合でも檀家になることはあまり要求されません。

どんな人におすすめ?

これまで見てきたように、永代供養墓には次のようなメリットがあります。

  • お子様などお墓の承継者がいなくても、無縁仏になることがない
  • 管理費や供養料などで、遺族に負担をかけることが少ない
  • 生前に契約して死後にかかる費用を一括で払える
  • 宗教色のないお墓に入れる
  • 先祖代々の墓と比べて費用を安く抑えられることが多い
  • 終活で決めておけば安心感を得られる

このようなことから永代供養墓は、誰にも負担をかけることなく自由なお墓を求めている人にはおすすめできます。しかし合祀された後に一人分の遺骨を取り出すことはできませんので、お墓の引っ越し(改葬)が不可能となる点にはご注意ください。

まとめ

今回は、永代供養墓について、先祖代々の墓との違いにも触れながらご説明しました。どんな内容だったかあらためてふり返ってみましょう。

【永代供養墓について】

  • 寺院や霊園が供養してくれるお墓のこと
  • 遺骨は最初から合祀されるか、一定期間後に合祀されるものが多い
  • お墓の承継者がいなくても無縁仏になることがないので安心
  • 契約時に供養料と管理費を一括払いできることが多い
  • 宗教色がなく友だち同士でも入れることが多い
  • ペットも入れることがある
  • 合祀された遺骨を取り出すことはできないので、お墓の引っ越しは不可能

【先祖代々の墓について】

  • 先祖代々引き継がれてきた、家族や親族が供養するお墓のこと
  • 遺骨は個別の骨壺で管理される
  • お墓の承継者がいなければ、無縁仏になり、いずれはお墓もなくなる
  • 先祖代々の墓の「永代使用料」には供養料、管理費が含まれていない
  • 決められた宗教があることが多く、親族しか入れない
  • ペットが入ることはできない
  • 遺骨は期限を決めずに骨壺で管理されているので、お墓の引っ越しが可能

その他にも、先祖代々の墓は今住んでいる場所から遠くてなかなかお参りに行けないなどのデメリットもあり、お墓をずっと管理していくのは難しい時代となりました。永代供養墓は、現代人のライフスタイルに合わせて生まれた新しいお墓のシステムですので、みなさんの不安を解消したお墓とも言えますよね。

永代供養墓のシステムは、昔からのお墓になじみのある方から見ると、少し抵抗があるかもしれません。しかし無縁仏となってお墓がなくなってしまうという最悪の事態になることを避けるためにも、ご自分にピッタリと合ったお墓を探すのはとても大切なことです。

自分好みの「終の棲家(ついのすみか)」を選べる時代が来たのだとー。前向きに考えてみてはいかがでしょうか。

すぐ電話する 葬儀費用をお見積もり
葬儀のご相談は03-5877-2534までお電話ください。