東京の最安葬儀なら葬儀会社「極空ごくう」。お葬式の事ならお任せ下さい

お葬式での【喪主】の決め方や役割、やるべき事とは

喪主とは

お葬式を行う際に必ず決める【喪主】という役割。葬儀では「喪主を立てる」という表現を用います。
葬儀において喪主の役割とは、わかりやすく表現すると「まとめ役」です。

遺族のご逝去の後は、お葬式や法要など次々にやらなければならない事があります。
そういったものの様々な事柄に関しての代表であり窓口であり、決定権を持つのが喪主の役割です。

喪主の決め方

喪主を決定する上で、明確なルールは法律上定められていません。一般的には、故人との縁の深い順で決めるのが昔からの慣習です。
一番近しい配偶者を優先に、続いて子供(長男あるいは長女)、次に兄弟姉妹や、若くして亡くなった故人の場合は両親のどちらかが喪主となる場合もあります。

必ず1人でなければならない決まりは無く、故人の配偶者が高齢の場合などには子供も一緒に喪主となり葬儀を進める場合もあります
故人の残した遺言に喪主の指定がある場合はその意向も取り入れつつ、遺族での話し合いでも決めかねる場合には、お付き合いのある寺院(菩提樹)に相談したり、年長の親族や葬儀社に相談して決定を委ねるのも良いでしょう。

喪主のつとめ(葬儀前)

故人のご逝去から、遺族はとても忙しくなります。まず、お葬式をとり行う前までに対応しなければならない喪主のつとめを紹介しますが、これらの項目に関しては喪主一人で決めるのではなく、遺族間で相談しながら進めて行く事でトラブル無くスムーズに運ぶでしょう

勤務先への連絡

葬儀の詳細が決まっていなくとも、故人の勤務先には訃報の連絡を早めに入れるようにします。大切な会議や打ち合わせなどを控えていた場合に会社に迷惑をかけてしまう事を防ぎます。
個人事業者などで、取引先のある場合には各所にご迷惑がかかる事の無い様に迅速に連絡・手配を行います。

葬儀社の決定・菩提樹への連絡

お葬式の準備を進めるにあたり、まずは葬儀社を決定します。
病院で亡くなった場合には、ご遺体をご自宅や安置施設に移動する手配を行う為の葬儀社を病院側から紹介されることもあります。
この場合、まずはご遺体の搬送のみ紹介先の葬儀社に依頼し、葬儀はまた別の葬儀社に頼む事も可能です。
病院からの紹介で決める場合には相場よりも費用が高くなるといった事例もありますので、予め予算を決めておいたり相場を把握しておくことが大切です。

故人の遺言やエンディングノートが残っている場合には、故人が生前契約で葬儀社を決めている場合もありますので必ず確認をおこなうようにします
事前契約を行なっている葬儀社がある場合には手順に従い連絡を。菩提樹のある場合にも早めに連絡を行います。

葬儀の日時・場所の決定

葬儀社を決定した後には、遺族の窓口となって葬儀に関する事項の取り決めを行なっていきます。
お通夜・告別式の日時、葬儀会場、火葬場を決定します。
予め遺族間で話し合い、葬儀の規模や予算、それに見合ったプランについて大まかに検討した上で、葬儀社と詳細を詰めていく流れです。

プランを決める際にはその内容、価格、追加料金の有無などを滞りなく確認するようにします。役所への手続きや必要書類の準備などについても、葬儀社側でどの程度対応してもらえるのか相談してみると良いでしょう。

ご逝去に関わる各種手続き

葬儀社との話し合いを進めるのと並行して、故人が亡くなった事に関する各種手続きが必要です。

まず、病院で医師から受け取る「死亡診断書」を市区町村の役場に提出し「死亡届」を受理してもらいます。
事故などの場合には警察からの「死体検案書」がこれに代わります
死亡届の手続きと同時に、「火葬許可申請」の手続きも行い、「火葬許可証」を忘れずに受け取ります

MEMO

葬儀社によっては、こういった役所関係の手続きを代行してくれる場合もありますので事前に確認を行うと良いでしょう。

参列者の決定・連絡

葬儀の規模を決め、葬儀プランを決定した時点でどの程度の人数をお呼びするのか目途が立ちますので、葬儀への参列をご案内する方に連絡を入れます。

遠方からお越しの方がいる場合には宿泊施設の手配も喪主(遺族側)が行う場合が多い為、「お通夜も告別式も両方お越しいただけるのか」「滞在日数は何日間の見込みなのか」といった事項に関して確認させていただき、不便をおかけする事のないよう配慮が必要です。

ここで注意が必要なのが、葬儀をコンパクトに身内のみで行う家族葬などの場合には、「故人の生前からの意向で家族葬となりましたので」と一言添えた上で、訃報のお知らせという事で連絡を行うのが良いでしょう。

先に訃報のお知らせのみをお伝えしてしまった後に、葬儀の案内が無いというのは印象が悪い場合もあります。トラブルになりかねませんので十分に配慮して決定・連絡を行うようにしましょう。

MEMO

遺言書やエンディングノートが残っていれば故人の希望に従い参列者を選ぶ事もできますが、特に希望が残されていない場合でも、血縁に関わらず本当に最後を見送って欲しい人に葬儀のご案内をするようにしましょう。

喪主のやるべきこと(葬儀中)

通夜・告別式では喪主はとても重要な役割となります。対応しなければならない事は多いですが、葬儀社に相談するなどして滞りなく葬儀を終える事が出来るようつとめましょう。

僧侶への対応

葬儀当日、読経を行ってくれる僧侶が到着したらお出迎えを忘れずに行います待機室へのご案内や、僧侶との打ち合わせなども行います。
お布施を渡す場合にはタイミングを見て忘れる事の内容にお渡しする様にします。

弔問客への対応

親族の代表であり、葬儀の主催者である「喪主」に、弔問者の方々が挨拶をしてくる場合が多いです。もちろん、「本日は故〇〇の為にありがとうございます」と喪主側から先にお声掛けするのも良いですが、一人の人と長く話し込んでしまう事の無いよう配慮しながら、会場全体を上手く見渡し、挨拶回りを行います

会計処理

ご遺体の安置から通夜、告別式、火葬などその全ての費用に関しては「喪主」が責任を持って清算を行います。葬儀用に故人が残した貯金がある場合や家族複数人で分担して費用を負担する等の際には、葬儀社のプランが決まった段階で予め詳細を話し合い決めておくようにしましょう。

実際の金額とプランの金額、オプションの料金など、打ち合わせ時と相違がないかをその場で確認しておくと安心です。

参列者への挨拶

葬儀の一連の流れの中には「喪主からの挨拶」という項目があります。
一般的には

  • お通夜の読経後
  • 通夜振る舞いの前
  • 通夜終了後
  • 告別式中(出棺時)
  • 精進落としの開始時、終了時

このような場面で、喪主が挨拶を行います。
長くても2~3分にまとめ、弔問への御礼・生前の御礼などを含めた内容で話します。あまりに短すぎるのも印象が良くないなので、故人のエピソードなどを交えつつその場その場で臨機応変に対応ができるよう、スピーチ原稿をあらかじめ考えておくと良いでしょう。

会計処理

僧侶へお布施をお渡しし、葬儀後には葬儀社への支払いがありますのでそれらの対応を行うのも喪主である場合が多いです。
葬儀の受付には喪主以外の親族が立ちますが、香典の管理などを含めてその後の香典返しの準備や法要の取り決めも遺族の代表として喪主が行います。

密葬(直葬)・家族葬の場合

お通夜・告別式を行わない密葬(直葬)や、参列者を呼ばず身内のみで葬儀を行う家族葬の場合にも「喪主」は必要です。一般葬と比較すると対応すべき事柄は少ないですが、葬儀社との打ち合わせや、読経を行う場合の僧侶とのやり取り、親戚を含む故人と縁のある方への連絡などを遺族の代表として執り行います。
通夜式・告別式を行わない分、後日自宅への弔問依頼があった場合などにも都度対応が必要です。

社葬の場合

故人が会社の代表や個人事業主の場合には「社葬」と呼ばれる、規模の大きな葬儀を行う場合があります。社葬の場合、葬儀の準備や当日の進行役などをつとめるのは、「葬儀委員会」と呼ばれる会社側が選出した葬儀の実行委員会です。対して、遺族側の代表として葬儀に関する取り決めを委員会と話し合う遺族の窓口となるのが社葬での「喪主」の立ち位置となります。
社葬を行う際には、事前に密葬を行っている場合が多いので、密葬時の喪主がそのまま社葬にも引継ぎになると考えられます。

最期に…

喪主は、葬儀において遺族の代表であり、様々な事を決定し取り仕切る大切な役割です。弔問者の対応、葬儀での挨拶などを行う遺族の顔であると言えますので、喪主を決める場合には遺族間でしっかりと話し合いを行いましょう。
しかし喪主だけに全てを任せるのではなく、様々な決めごとに関しては遺族皆で分担してスムーズに葬儀が進められる様配慮する事が大切です。
もしもの時、喪主のつとめやマナーについて知識を持っておくだけで、慌てる事なく対応できると言えます。故人の為にも、滞りなく葬儀が進むよう知識を持っておくと良いでしょう。

すぐ電話する 葬儀費用をお見積もり
葬儀のご相談は03-5877-2534までお電話ください。