東京の最安葬儀なら葬儀会社「極空ごくう」。お葬式の事ならお任せ下さい

知っておきたい葬儀の基本「お布施」のマナー

家族・親族のご逝去の際には、悲しみに浸る気持ちの一方で、自身が喪主であり喪家となると葬儀の準備にバタバタと追われ忙しくなります。
葬儀社を決めて、葬儀場を手配し、火葬場を決め、お通夜や告別式のお知らせをご縁のあった方々にお知らせし・・・と、次から次へとやるべき事が舞い込んできます。
もちろん葬儀社に依頼をした段階からは葬儀社の担当者のサポートがありますので、安心して葬儀を執り行う事が出来る様、準備を進めて行く事にはなります。

しかし、お通夜や告別式の際に葬儀場受付で行われる弔問客からの香典の受け取りや、式にて読経を行ってくれた僧侶へのお布施のお渡しなど、お金のやり取りに関わる事は基本的に親族や喪家の方が行います
さて、その僧侶にお渡しする「お布施」。包むべき金額や相場など、わかりにくいお布施のマナーについて紹介していきます。

そもそも「お布施」って何??

一般的なイメージでは、葬儀や法要の際に僧侶へのお礼としてお渡しするお金を「お布施」と言います。
ですが実は、お布施の起源を辿ると少しそのイメージが元々の意味合いとは違うというのがわかります。

お布施は、昔は修行の一環であったと言われています。「六波羅蜜=ろくはらみつ=」と言われる仏教の修行の一つで、〝この世に生がありながらも仏様の境涯・悟りの世界に到ること〟を目的とした修行法です。この修行法のうち〝悟りを開く為の6つの徳目〟の中の一つに「お布施」があります
修行の中での「お布施」には、

  • 金銭や食料などを施すこと。「もったいないと思う心を起こさないように」(財施)
  • お釈迦様の教えを説いたり、他人の為に読経などを行うこと。「物質やお金ではないもの」(法施)
  • 恐怖や不安の気持ちを取り除き、心に安穏を導く事「畏怖を取り除く」(無畏施)

上記のような意味があります。
私達が僧侶にお渡しする「お布施」は(財施)としてのお布施であり、また読経を行う僧侶も(法施)というスタイルでお布施を行っているという事になります。

葬儀では、僧侶に対してお布施をお渡しする為か、❝読経の御礼❞❝戒名をつけていただいた御礼❞という名目の、対価の意味合いで捉えられる傾向が時代と共に色濃くなってきたという訳です。
僧侶にお渡しするお布施は、そのまま僧侶ではなく寺院にお渡しする流れになっており、つまりは御本尊に捧げるものとなります。お寺側は、人々から受け取ったそのお布施で、ご本尊をお守りしている寺院を維持し、そしてまた法務(法要など)を行い、故人を弔い、ご本尊にお見守りいただき・・・という意味合いがあります。

お布施の持つ元々の意味合いがこういったものである事から、お布施の金額は明確に決まっておらず「お気持ちです」と表現されたり、相場があるようでないような、曖昧でわかりにくいものになっているのです。

「お布施が必要となる時」お布施の準備が必要となる時=僧侶を呼ぶ時

お通夜/告別式

いわゆる〝お葬式〟の時です。
葬儀社のプランによってはお布施やお車代など全てが含まれているというものもありますが、基本的にはお布施は直接僧侶にお渡しします
基本の「お布施」(読経料)とは別で

  • お車代
  • お膳料
  • 戒名料

をお渡しする場合もあります。

【お膳代】は、お通夜の際の通夜振る舞いの場に僧侶が参席しなかった場合にその代わり(お心付け)の意味を込めてお渡しします。5千円~1万円程が相場と言われています。
【戒名料】は、故人に与えられる戒名を名付けていただくお礼としてお渡しします。戒名にはいくつかのランクがあり、より階級の高い名をつける場合にはその分戒名料も金額が高くなるのが一般的です。
一般的には10万円~、上限はありませんが代々受け継ぐ戒名がある等、菩提樹(付き合いのあるお寺さんとの関係性が深い場合など)の場合には100万円を超える場合もあります。

日雇い僧侶

現代の幅広い葬儀のスタイルに合わせ、1日限りの契約で僧侶をお呼びするプランを取り扱う寺院もあります
お葬式はするけどその後の法要は行う予定が無い場合や、葬儀自体も簡単な告別式と火葬のみといった場合には読経の為だけに通常よりも安い金額で僧侶に依頼を行います。その場限りで以降のお付き合いも無く、檀家になる必要も無く、気軽に済ませたいというニーズ に合致する現代のシステムかもしれません。

僧侶を呼ばないお葬式

一般的なお葬式は、お通夜があり、翌日に告別式があり・・・という流れですが、近年お葬式のスタイルとして件数の伸びている「一日葬」や「直葬」などでは、最低限のみの執り行いのみで式が済んでしまうというパターンもあります。こういった葬儀の際には僧侶を呼ばずに簡易的なスタイルで終わらせる事もあり、その際にはお布施は発生しません

初七日の法要

初七日というのは命日から七日目に行う法要の事ですが、お葬式で集まった親族がまた数日後に集うのは難しいという理由から、葬儀の際の読経で初七日の分も合わせて供養を行なう事が増えました

四十九日の法要

本来、初七日から四十九日までの間は七日ごとに故人を供養する風習があります。
この四十九日までの期間を〝中陰〟と呼び、遺族が七日ごとの〝中陰法要〟を行う事で故人が地獄に落ちぬ様、閻魔大王から良き裁きを受ける様に願うべきと言われるものです。

七日ごと、というのは非常に遺族にとっても負担が大きいのも事実ですから、近年では初七日の後は四十九日の法要を行うのが一般的になりました。この時に納骨も行いますので、「納骨式」の読経も一緒にあげてもらうようにします
一般的には葬儀の際のお布施の1割程度が相場の目安とされます。金額にして3~5万円程度。そこに更にお車代・お膳料が加わる事もあります。

新盆(初盆)

お盆には先祖があの世から自宅に帰ってくるとされています。
故人が亡くなってから最初のお盆を新盆(初盆)と呼びます。(四十九日よりも先にお盆が来る場合にはその翌年を新盆とします)

はじめてのお盆を迎えるこのお盆のタイミングでも僧侶を招いて読経を行います。
親族も呼び、会食を行う事もある為、僧侶には読経料の意味を込めたお布施として3~5万円と、お車代・お膳料をお渡しします

一周忌法要

一周忌の法要とは、故人が亡くなってから1年目の命日に行われる法要です。
この一周忌法要を始まりとし、この後三回忌・七回忌・十三回忌・三十三回忌と法要が続き、これらを〝年忌法要〟と言いますが、その年忌法要の中でも最も大切とされるのがこの一周忌法要です。

一周忌法要には、遺族・親族の他にも葬儀に参列した友人や知人など、幅広くお声掛けをします。僧侶に読経を依頼し、読経の後には会食を行うのが一般的な流れです。
一周忌法要の際も、新盆(初盆)の時と同様にお布施の相場は3~5万円。別でお車代・お膳料をお渡しする場合もあります。

葬儀社や菩提樹に相談

一般的な相場の目安というのは存在しているものの、お布施には決まった金額は無く、あくまでも❝気持ち❞であるという元々の起源が根付いている為に少々わかりにくい曖昧なものとなっているのが実際です。
近年では、寺院側で明確にお布施の金額を設定している所もありますし、葬儀を執り行う際に葬儀社の担当に相談をすれば必ずその目安やマナー等を教えてくれます。
家族葬など、規模の小さい葬儀の場合には葬儀社のプランの中に、僧侶のお車代や御前料が含まれている場合もありますので、まずは葬儀のプロである葬儀社に相談を行ってみると良いでしょう。

葬儀社では事前相談も行っておりますので葬式に関するアレコレは、いつでも気軽にご相談くださいませ。