東京の最安葬儀なら葬儀会社「極空ごくう」。お葬式の事ならお任せ下さい

人には聞けない「葬儀のキホン」 いざという時に知っておきたい、お葬儀の種類や流れとは?

年を重ねるにつれ、冠婚葬祭の場に立ち会う事は増えていきますが、その中でも「お葬式」は、大切な方とのお別れの場として、必ず何度かは向き合わなければならない場です。
しかし参列者として故人様をお見送りする経験はあっても、ご自身が喪家の側となり葬儀を執り行うという経験は誰しもが幾度もある訳ではありません。
知っていて当然!という様な風潮に流されるのではなく、もしもの時、一体どのようにすれば良いのかどういった手続きをすれば良いのか等、他人には聞けない葬儀の基本をおさらいします。

はじめに

大切な方を失った時、その悲しみの余韻に浸りながら故人を思う時。
しかし喪主となる方は、すぐにご葬儀に向けて手続きを始めなければなりません
故人様をお見送りするまでには下記のような順序で準備を進めていく事になります。

【危篤】病院等から連絡が入り、危篤の旨を伝えられたら・・・

  • 最後の時を会わせたい親族に至急連絡を入れる。

【臨終】医師が、死亡の判定を行います。

  • 菩提寺(おつきあいのあるお寺様)や、教会などに連絡を入れます。仏教徒の場合にはすぐに僧侶に連絡したのちに枕経をあげてもらう場合もあります。

最期の時を看取った後は、どうすれば良いの?

病院でその時を迎えた場合、葬儀(火葬)までの間にご遺体を安置しておく場所を確保し、搬送の準備を進めねばなりません。事前に葬儀社を決めている場合にはすぐに連絡を入れましょう。何も決まっていない場合などには、病院から紹介された葬儀社に依頼をするか、そうでなければすぐに依頼をする葬儀社を決めましょう。
ご遺体の安置場所が決まり、移送手段・移送先が確定すると、その前に病院では「エンゼルケア」を行います。

エンゼルケアとは、闘病の跡や傷口などがあれば手当てを施したり、清拭と言って身体を清潔にするためにタオルで拭いたりといった事や衣服の着替えを行う病院もあります。これらは病院の看護師が行います。

安置すべき期間が長い場合や遠方への移送、または夏場などにご遺体をより清潔な状態に保つ事ができる「エンバーミング」という処置を行う事もできます。必要な場合は専門の業者を手配します。

搬送

入院費用の支払いなど、病院で手続きを終えたら、ご遺体を専用の安置所やご自宅などに搬送します。搬送のみを行う業者もありますし、葬儀社が搬送~お葬式まで全てを行う場合もあります。
火葬までの間、ご遺体を自宅にて安置する場合には布団の準備などもありますので、搬送業者や葬儀社に一度相談してみると良いでしょう。

退院の際に忘れてはいけない書類が「死亡診断書」です。病院以外で亡くなった場合(事故や事件等)には、医師からの死亡診断書ではなく、警察から「死体検案書」を受け取ります。
これらの書類を死後7日以内に役所に届け出を行い、その受理が行われた上で「火葬許可申請書」が発行されます。
この「火葬許可申請書」を火葬場に提出しないと、火葬を行う事ができません。葬儀社の多くが、役所に届け出るこの手続きを代行で行ってくれます。

葬儀の事をきめるまで

安置

病院等からご遺体を搬送し、安置施設やご自宅にご遺体を安置します。ご自宅に安置する場合には、枕を北向きに布団を敷き(北枕)、枕元に三具足を置く(枕飾り)などを行います。
自宅に神棚がある場合には、❝穢れなき領域である神棚に死の穢れが入らないように❞と神棚を白い布や半紙などで封じます
寝具の準備や枕飾りの準備、神棚封じなどの作業は葬儀社が行ってくれる事がほとんどです。

話し合い・葬儀準備

ご遺体を安置すると、日をあけずに火葬の予定・葬儀の予定や流れを決めなければなりません。多くの葬儀社では、ご自宅以外の専用施設や斎場などの安置室をご利用の場合、基本プランでは安置日数保証2日程が多いです。
あらかじめ葬儀社を決めている場合は、葬儀の内容やその後の段取りなどをより詳細に進めていきます。
菩提寺がある場合にも、流れを確認しておきましょう。

家族内では、誰が喪主を務めるのか・挨拶の内容はどうするのか・戒名はどうするのか等を決めなければなりません。
遺影の写真を準備する等、悲しみの中ですが決めなければならない事が沢山あります。
生前に話し合いを行なっている場合や、エンディングノートがあれば参考にしましょう。
そして、親族・親戚や故人様と親しくあった方々へのご連絡と、葬儀のご案内を行います。
葬儀社が代行する場合がほとんどですが、死亡届を役場に提出し、火葬許可申請書を受け取ります
納棺では、宗派やご家族の意向に合わせて故人様の御召し物やメイク、ヘアセット等を行いますので、葬儀社ではなく専門の納棺士への依頼などがある場合には手配します。

葬儀の流れ・・・ここでは、一般的な仏式のお葬式の流れを紹介します。

お通夜

もともとは、故人の旅立ちの前(火葬の前)までを、親族などで夜通し守り抜くという考え方から❝お通夜❞と呼ばれるようになりました。
❝寝ずの番❞と言って、夜通しロウソクの火をたやさぬ様に交代で見張りを行うのも、古くからの習わしとして伝えられてきましたが、近年では消防法などの観点からもあり、夜通し火を灯して見張りがつく事はありません。

お通夜では一般的に、僧侶が読経を行い、親族や会葬者による焼香が行われ、喪主からの挨拶等があった後に通夜振る舞い(会葬者を案内して食事を共にする)が行われます。
地域によっては、食事は家族のみで・会葬者には茶菓子などをお渡しする場合もあります。

基本的には葬儀社が仕切りを行い進めてくれる事がほとんどですが、香典を受け取る(金銭に関わる)受付に関しては、葬儀社や葬儀場のスタッフではなく、ご家族の方が担当します。

告別式・お別れの会

通夜後の昼間に行う場合がほとんどです。
地域によっては告別式よりも先に火葬を行う場合もあります。

僧侶を迎え、弔問客の受付を行います。
親しい親族等は通夜から続けて参列しますし、仕事の都合等で通夜に参列できなかった方が告別式に来られる場合もあります。
読経・式辞・弔辞・弔電など、故人へのお別れの言葉を伝えます。
親族から順にお焼香を行い、僧侶が退場し、喪主が挨拶を行い、閉式します。
僧侶へ渡すお布施の準備等も必要になるので、予め葬儀社に相談すると良いでしょう。

出棺

告別式やお別れの会が済むと、火葬場に向けて出棺となります。
斎場・葬儀場やご自宅から霊柩車に棺を乗せ、火葬場に移動します。
喪主・親族のうち数名が遺影・位牌を持って霊柩車に同乗し、火葬場に同行する他の親族・親戚は葬儀社のマイクロバス等で霊柩車の後を追い移動します。
移動する際には、葬儀場を出発し、故人様の思い出の地(生前お住まいだったご自宅など)を通過しながら火葬場に向かう等のルートを組む事もあります

火葬・収骨

「火葬許可証」を火葬場へ提出し(多くは葬儀社が代行します)、「埋葬許可証」を受け取ります
火葬前には、僧侶による読経があり、親族・関係者による焼香が行われます。
火葬が終わるまでは控室で待ちますが、その際には❝精進落とし❞と呼ばれる告別式料理を囲み故人を偲びます。
火葬後には、火葬場のスタッフの指示に従い焼骨を骨壺に納めます。

葬儀のその後

還骨法要

骨壺を自宅に持ち帰ります。骨壺や位牌、その他仏具を四十九日の納骨の時まで設置した後飾り壇に安置します。四十九日の前に、初七日の法要があり僧侶に読経を行ってもらう等、地域により法要の内容が異なりますので、葬儀社に確認すると良いでしょう。

四十九日・納骨

火葬の際、火葬場で受け取った「埋葬許可証」は、骨壺を入れる桐箱の中に保管する事が多いです。(火葬場で骨壺を受け取る際に既にそのように保管されている事もありますので必ず確認しましょう)
その「埋葬許可証」があって初めて、お墓への納骨が可能となります。
納骨の際にも、僧侶にはお墓に同行してもらい、読経を行ってもらいます。

いかがでしたでしょうか。
なんとなくはわかっていても、実際のところどのような流れで葬儀を行うのかは、なかなか把握していない事が多いのではないでしょうか。
もちろん、葬儀についてのわからない事は葬儀社に相談すれば、細かい部分までサポートしてくれます。
もしもの時、を待つ前に、気軽に相談してみるのも良いかもしれません。

葬儀のご相談は03-5877-2534までお電話ください。