東京の最安葬儀なら葬儀会社「極空ごくう」。お葬式の事ならお任せ下さい

終活映画★日本人気歴代一位!「最強のふたり」が伝える真の友情とは

(C)2011 SPLENDIDO / GAUMONT / TF1 FILMS PRODUCTION / TEN FILMS / CHAOCORP

「最強のふたり」は、フランス人の3人に1人が見ていて世界中で大ヒットした不朽の名作です。この作品は日本での興行収入がフランス映画の中で歴代一位を記録していて、日本アカデミー賞では最優秀外国作品賞も受賞していますので、

日本人も大好きな映画なのです。今回は、素敵に生きるヒントがいっぱい詰まったこの作品を、終活映画としてご紹介します。

あらすじ

事故による全身まひで首から下が全く動かない大富豪の白人フィリップは、スラム街出身の黒人ドリスを住み込みの介護者として雇いました。上品な紳士であるフィリップに品のないブラックジョークを連発するドリス。共通点の全くない二人は、周囲の心配をよそに徐々に交流を深めていきます。

そもそもフィリップの介護者にドリスが応募してきたのも、失業給付金が目当てでした。介護の経験もないドリスの雑な仕事ぶりに周囲は呆れるやら怒るやら。しかしドリスは、その天真爛漫な性格で周りを巻き込んでハッピーをもたらしていきます。

MEMO

  • 終活映画とは、人生について考えさせられる終活の参考になるような映画のことです。
  • ここから先はネタバレが含まれていますので、まだ映画を見ていない方はご注意ください。

ドリスの魅力とは「同情しない」こと

周りの反対を押し切ってドリスを介護者に選んだフィリップでしたが、介護の経験もなくデリカシーもないドリスの介護はめちゃくちゃ。たとえば靴のクリームをシャンプーと間違えて頭に塗ってしまったり、フィリップの足に熱湯をかけても何も感じないとわかると面白がってじゃんじゃんかけたり…。

そのたびに周りはパニックに陥るのですが、ドリスもフィリップも気にしている素振りはありません。あわてふためく周りの様子を見て楽しんでいる節さえあるのです。フィリップは気難しい性格で介護者をすぐ首にしてしまうのですが、なぜかドリスのことは気に入っているようです。

親戚から「あんな男を身近に置くのは危険だ。ドリスには前科がある。介護も雑だと聞いた」と忠告されたときも、フィリップは「容赦ないところがいい。彼は私に同情していない」と過去を気にしていないことを告げます。

障がいのある方や病気の方に「同情しない」というのは、なかなか難しいことですよね。必要以上に気遣えば、それがかえって介護される側をみじめな気持ちさせてしまう可能性もあると頭ではわかっていますが…。ドリスは意識せずに「同情しない」ことができる素晴らしい能力の持ち主とも言えます。この場合の「同情」は、「区別」と置き換えてもいいかもしれません。

同情しない、区別しない、とても無神経な介護者…ドリスのこんな型破りなところがフィリップは気に入ったのでしょう。気難しくて周りの人間になかなか心を開かないフィリップが、ドリスと一緒にいるときにだけ見せる無邪気な笑顔がすべてを物語っているような気がします。

誰に対してもブレない正しさ

時に激しくぶつかり合いながら、二人ともお互いから大いに学んでいくのですが、その中でもドリスがフィリップの娘に対して容赦なく怒りをぶつけるシーンは爽快です。今まできっと甘やかされてきたであろう、屋敷の使用人に失礼な態度をとる娘をドリスは怒鳴りつけて、フィリップにも「娘をしつけ直せ!人を見下す態度をやめさせろ!俺がおまえの手足となって代わりに殴ってやる!」と迫ります。

それからフィリップが「車イスで轢くぞ!」と言いながら、娘に厳しい態度をとるところも見ものです。今まで雇い主の娘ということで遠慮して誰も指摘できなかったことを、ドリスが正した瞬間でしょう。ドリスの良さはそればかりでなく、その娘が失恋で苦しんでいるときに手を差し伸べるような優しさもあることです。相手が誰であれ区別することなくブレない正しさを発揮するドリスは、時に頼れる父親のようでもあります。

きついブラックユーモアと優しさ

フィリップはパラグライダーの事故で全身まひの体となってしまったのですが、障がい者に対するデリカシーがないドリスは、ブラックすぎるユーモアを連発します。チョコレートをくれとフィリップに言われて「これは健常者用だからダメ」と返すことも…。

障がいのある方を気遣って優しくするのが当然の常識人から見れば、ドリスの発言はNGだらけです。この映画が大ヒットしながらも「差別的だ」と賛否両論を巻き起こしたのは、こんなところにも理由があるのでしょう。しかしドリスには、夜中に発作を起こしたフィリップを気遣って、気晴らしに深夜の散歩に連れ出すという優しい面もあります。

ドリスの介護は型破りなので、それがフィリップを楽しませてもいます。一緒に雪合戦をして「たまには投げ返してこいよ」と言うシーンや、介護用の車ではないかっこいい高級車で疾走するシーン。それから車椅子が遅すぎると早くなるように改造してしまうシーン。他の介護者では決してこのような出来事は起こらなかったでしょう。

フランスでの実話がベースの物語

お話が進むにつれ「こんなことは映画やドラマの中だけの話」と、絵空事のように感じられるかもしれませんが、実はこの映画はフランスで起こった実話をもとに作られた作品なのです。まさに事実は小説よりも奇なりといったところですよね。

映画ではドリスがフィリップの介護者として働くのは1年ほどの間というように描かれていますが、実際には10年もの間ともに過ごしています。介護をやめたのは介護者の恋愛がきっかけで、今後を思いやって雇用側から契約解除したというもので、今でもふたりの友人関係は揺るぎなく続いているのです。

ドリスにはフィリップを介護しようという気持ちより、一緒に楽しもうとする気持ちの方がはるかに強いように見えます。フィリップには、介護者よりも人生を一緒に楽しめる本当の友だちが必要だったのかもしれませんね。

こちらが実際のふたりの動画です。

ハリウッド版「最強のふたり」

「最強のふたり」の物語は世界中で受け入れられ、複数のリメイク版が作られていますが、ついにハリウッドでもリメイクされて、2019年12月に日本で公開されました。こちらはドリスが妻子持ちだったり、アメリカらしいジョークが入っていたりと少し設定が違っていますが話の大筋は同じです。

絶望の中にある希望

この映画の主人公であるフィリップとドリスは、ふたりとも違った絶望の中に生きているという見方もできます。フィリップは大富豪でありながら全身まひで一生介護が必要な体、ドリスはスラム街出身で複雑な家庭に育ち、無職で家を追い出されている状態…。

でもドリスはそんな環境を嘆くことなく自然に受け入れています。どうせ生きるなら楽しまなきゃ損!とばかりに。事故のせいで障がい者になったフィリップの話を聞いて「俺なら自殺する」と無神経に言い放ちながらも、フィリップが女性に臆病になっている様子を見て「女が一番求めているのは金だ!あんたは有利だ!」と背中を押すようなところも。

フィリップは亡くなった妻をとても愛していて、自分の一番の障がいは「妻がいないこと」だと、ドリスに告白します。たくさんの人に囲まれて生きていても孤独なまま…フィリップは空虚な心を抱えながらずっと絶望の中で生きてきたのでしょう。それからドリスと出会って、止まっていた人生が再び動き出したのです。

ドリスのように何事もポジティブにとらえることが、人生を前向きに進めるエネルギーを生み出す秘訣なのかもしれません。この辺り、終活映画として学べる部分が多い気がします。物事に対する考え方や見方を変えれば行動は変わりますし、行動が変われば自分の人生を変えることもできますよね。

絶望的に見えていてもきっと希望はどこかに隠れているはずです…希望を見つける努力をやめない限りは。何かに行き詰まったときは、信頼できる人に相談してみるのもいいかもしれませんよね。これは生きていく上で心がけておきたいことの一つなのではないでしょうか。

フィリップと気になる女性との関係

フィリップには気になる女性がいるのですが、その関係は半年経っても詩を書いた手紙のやりとりのみ。もどかしさに耐えられないドリスは、女性との関係を進めるべく、相手にいきなり電話をかけてフィリップに話をさせるなどとても強引です。

しかしフィリップは自分の障がいを相手に知られたくない気持ちがあり、なかなか女性には積極的になれません。今までそんな様子を周りはそっと見守っていたのですが、ドリスはフィリップのデリケートな気持ちなんかおかまいなし

「相手の外見は?」「とりあえず体重を聞け!」だのと、言いたい放題のドリス。初めは手紙以上の交流をすることを頑なに拒絶していたフィリップでしたが、ドリスのおかげで女性との関係も少しずつ進み始めます

ふたりが教えてくれた真の友情とは?

フィリップには見せかけの優しさや同情は通用しないので、正直なドリスの反応が好ましいものに思えます。たとえそれが無礼でデリカシーに欠けたものだったとしても。ドリスが本音で話すからこそ、フィリップも本音で語ることができる…ふたりの関係は「本音」の一語に尽きると思います。

障がい者の方に性的な質問を投げかけることも、普通ならタブーなのでしょうが、ドリスは興味津々でフィリップに質問しています。そしてフィリップもそれに答えて、ふたりが爆笑するシーンもあります。こういったデリケートな聞かれたくないであろう話に容赦なくつっこむところも、ドリスの型破りな部分でしょう。

辛いことの多い人生を楽しく乗り切るヒントの一つは、本音で語れる友だちの存在ではないでしょうか。相手が嫌がることでも相手のためになることなら、たとえ自分が嫌われたとしても余計なお節介を焼く…フィリップにはどんな介護よりも、ドリスの余計なお節介が人生の薬になったような気がします。

この映画はハートフル・コメディと言われていますが、よくある映画のお約束のように涙を誘うシーンはありません。ドリスがフィリップの話に共感して涙ぐむようなシーンも一切ありません。ドリスはいつも楽しそうに笑っているだけです。でも、そこがいいのです。善意の押し売りが感じられないところが。

あなたは誰かと本音で付き合えていますか?終活を始めている方なら、友だち関係について考えたことがあるかもしれませんよね。今までいなかったとしても、フィリップのように意外な出会いがあるかもしれません。そして今本音で語れる友だちがいるのでしたら、どうかその方を大切にしてください…出会えた奇跡を決して忘れず。

終活の一環として、大切な人へメッセージを書いてみるのもいいものです。久しく交流していなかったあの友だちに、メールではなく手紙でも書いてみてはいかがでしょうか。きっと驚きとともに喜ばれることでしょう。

「最強のふたり」の作品情報

出演者:フランソワ・クリュゼ(フィリップ)、ドリス(オマール・シー)/監督・脚本:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ/音楽:ルドヴィコ・エイナウディ/制作年:2011/制作国:フランス/上映時間:112分/原題:Intouchables/配給:ギャガ
/(C)2011 SPLENDIDO / GAUMONT / TF1 FILMS PRODUCTION / TEN FILMS / CHAOCORP

すぐ電話する 葬儀費用をお見積もり
葬儀のご相談は03-5877-2534までお電話ください。