東京の最安葬儀なら葬儀会社「極空ごくう」。お葬式の事ならお任せ下さい

エンディングノートとは

皆さんは、「エンディングノート」というものをご存知でしょうか?
最終回のノート、と思えばまさにその通りなのですが、残された自分の人生の最終章に向けてのイメージを書き記していくノートです。

出産の時のイメージを記載し、先生や看護師に渡す「バースプラン」
結婚式の予定や希望のスタイルについての考えをまとめて書いていく「ウェディングノート」などは有名ですね。
そしてこの「エンディングノート」は、もしもの時や最後の期に向けて、自身亡き後に家族に伝えるべき事柄を始め、葬儀をどのようにして欲しいかなどの希望を記しておくノートです。

一昔前までは〝お葬式〟というと、決まったスタイルで・形式的な流れで執り行われる事がほとんどでした。しかし近年では多様化する家族構成に伴い、お葬式のスタイルも選択肢が増えて多様化してきています。
そこで、自分のお葬式の事を自分である程度決めておき、エンディングノートを通じて残された家族に伝える事で、〝より自分らしい〟〝家族らしい〟温かな葬儀を行う事が出来ます
では具体的にどのような事をエンディングノートに記していけば良いのかを紹介していきます。

エンディングノートに記載する項目

お葬式の事はもちろんですが、自分がもしもの時には、家族に伝えなければならない様々な事項や手続きがあります。
パッと思い浮かぶのはお金の事。銀行口座の貯金はもちろんですが、株や証券などの取引がある場合はその手続きもそうですし、保険に関することも整理しておく必要があります
所有している土地や自動車などがあればその名義はどうするべきなのか
そういった様々な〝もしもの時にどうすれば良いのか〟という事を、「エンディングノート」には記載をしていきます。
最後の期に向けて身の回りを整理する【終活】の大きな一部分であると言えます。
エンディングノートに記載しておくべき代表的な項目は以下の通りです。

  • 葬儀の希望
  • 埋葬のこと
  • 供養のこと
  • 友人や知人のリスト
  • 親族のリスト
  • 銀行口座
  • 不動産
  • ローン
  • 株式
  • 年金や保険
  • 自動車
  • 税金
  • パソコンや携帯電話

この他にも家族へのメッセージなど、伝えたいことを伝えたい人に伝わるように、エンディングノートには様々な項目が記入できるようになっています。

終活と遺言とエンディングノート

「終活」という言葉が浸透し始めたのはそう遠い昔ではありませんが、昔からよく言われる「遺言」との違いはご存知でしょうか?
「遺言」のほうが馴染み深いという感覚がまだ残るかもしれませんが、「終活」の中の一項目が「遺言」というとわかりやすいでしょうか。
同じく「エンディングノート」も「終活」の中の一項目と言えます。

終活では、法律的な効力を持つきちんと手続きを踏んで作成した「遺言」を残しておく作業もメインとなりますが、例えばその他にも身の回りの物品整理や資産管理、家族への生前贈与なども終活のうちの一つです。
「エンディングノート」は、あくまでも自分で記入を行い家族と共有するものなので、遺言のような法律的な効力はそこには発生しません。
正直、自分の❝もしも❞がいつ訪れるかはわからないですし、なかなか考えにくいものではあります。
それが突然に訪れる最後の時である場合もあるし、例えば思考能力や自己判断能力の低下を患う病気になってしまう場合もあります。何年先になるかはわからないですが、「死」を考えるのではなく、「人生設計」をすると思って、向き合ってみるのも良いかもしれません

自分で決めるお葬式

エンディングノートの中に❝葬儀について❞という項目がありますが、具体的に葬儀のどんな事を決めるのでしょうか。
近年のお葬式は、非常に幅広いスタイルのものがプラン化されており、自分のお葬式を選ぶ事ももちろんですが、残された遺族が故人を思って、その人にふさわしい送り方でお見送りを行う事ができます

一般葬

昔ながらの一般的なお葬式です。お通夜があり、翌日に告別式と火葬を行います。
親族をはじめ、生前縁のあった友人や仕事の関係者、ご近所の方などをお呼びして数十人程の参列者の規模となります。

家族葬

時代と共に核家族化が進み、近年ではこのスタイルが非常に多くなりました。
一般葬と流れは変わりませんが、参列者は多くを呼ばず、家族・限られた親族のみで葬儀を行うスタイルです。最後の時を、家族水入らずでゆっくりと過ごす事ができるお葬式です。

直葬

家族が遠方に住んでいたり、親族もそれほど多くない場合や、できるだけ残された家族の負担を減らしたい方などはこの直葬を選ぶ事も多いです。
お通夜や告別式を大々的には行わず、火葬を行う事をメインにプランされたお葬式です。
ゆっくりと過ごす時間はあまりありませんが、お葬式にかかる費用負担を低減し、家族の負担を減らす事ができるメリットがあります。

自由葬

エンディングノートを作成し、自分らしいお葬式を執り行うにはこの自由葬が一番向いているかもしれません。その名の通り、様々なシーンで思い思いの演出を行う事ができます。
会場でかけるBGMを決めたり、思い出の写真をスライドショーで流したり、「お葬式」という形式にとらわれずに「お別れ会」という表現の方がふさわしいかもしれません
白装束ではなくこんな服を着たい。祭壇はこのようなイメージで飾って欲しい等、こだわりたいポイントをいくつも考えてみると、お葬式も前向きで明るいものに思えてくるかもしれませんね。

エンディングプランナーと考えるエンディングノート

エンディングプランナーという役割を持つ人がいるのをご存知でしょうか。
お葬式コーディネーター・葬儀アドバイザーというとわかりやすいでしょうか。
エンディングプランナーは、葬儀のプロです。
葬儀に関する専門的な知識を身に着けたお葬式のプロが、❝自分らしいお葬式❞のイメージを❝形にする❞お手伝いをしてくれます
多くの葬儀社には専属のエンディングプランナーがおり、事前に打ち合わせを重ねて、より具体的な葬儀の希望を話し合い詰めていきます。
いつになるかわからない先の話であり、葬儀社にお世話になる機会はなかなか普段からあるものではない為にきっかけが難しいものではありますが、葬儀社では事前相談も行っていますので何も知識のない漠然とした状態であっても一度試しに話を聞きに行くのも良いかもしれません。
その際に、プランナーと話し合いをしつつ、具体的な内容をエンディングノートに記載していき後ほど家族と共有すれば、自分らしいお葬式を執り行えるのではないでしょうか。

埋葬の事・供養の事

日本の約80%を占めると言われる仏式でのお葬式では、亡くなった日から初七日の法要があり、さらにそのあとは七日ごとに法要を行い、故人を供養するという考え方があります。
そして四十九日をもって、あの世での裁きを終えて成仏するという考え方から、四十九日の法要の際に、ご遺骨をお墓に納骨するのが一般的です。
代々お世話になっている菩提樹(お付き合いのあるお寺さんなど)があればそちらにお願いする事もありますし、祖先から続くお墓が既にある場合もありますし、新たにお墓をたてるという選択肢もあります。
どのように埋葬するのかを予め決めておく事で、残された遺族も迷う事なく供養を進められるのではないでしょうか。
家族とは疎遠である、または遠方に住んでいるなどの理由から、お墓があっても管理が難しい場合には、宇宙葬(遺骨をロケットで飛ばして宇宙に散骨する)や海洋葬(決められた海域の海に散骨を行う)など、様々なスタイルを選ぶ事が可能です。
葬儀の後の事も、色々なスタイルの中から自分がこうして欲しいというプランを予め決めておくのも、エンディングノートに記載できる項目としては必要と言えるでしょう。

以上のように、エンディングノートには自由に様々な項目で自分の理想を書き記しておく事ができます。
市販の物もありますし、葬儀社でもらえる場合もあります。決まった形式はないので、思い立った時におおまかなイメージを残すだけでも良いですし、実際にプランナーと相談して具体的にプランを決めておくのも良いですね。
エンディングノート、これを期に気軽に始めてみてはいかがでしょうか。