東京の最安葬儀なら葬儀会社「極空ごくう」。お葬式の事ならお任せ下さい

家で納骨する家具も登場!墓守のいらない新しいお墓のスタイルとは?

亡くなった後は誰もが墓地にあるお墓に入るのが昔からの常識でした。しかし先祖代々のお墓に納骨すると次のようにさまざまな問題が発生することがあり、人々の悩みの種となっています。

  • お墓を継ぐ人(墓守)がいない
  • 子どもに負担がかかるので墓守(はかもり)をさせたくない
  • 先祖代々のお墓の場所が遠くて墓参りしにくい
  • お墓の中がいっぱいで納骨するスペースがない
  • よく知らない先祖や親戚と一緒にされたくない
  • 友だちなど家族以外と一緒に入れない

それから、お墓に入ること自体に抵抗があるという方もいらっしゃいますよね。今まででしたら他に選択肢がなかったため、「お墓に入る」ということに納得がいかなくても大多数の方が墓地に埋葬されていました。

しかし現在では、お墓の形も多様化していて新しいスタイルを選べるようになってきています。知らなければ従来のお墓に入るだけですが、知っていればより希望に近いお墓のスタイルを選ぶことができるのです。お墓のことは終活の一つとして生前にきちんと決めておきたい大切なことですよね。

そこで今回は、新しいお墓のスタイルについてお伝えしていきます。

多様化するお墓のスタイル

墓地や霊園にある墓石の下に納骨というのは昔から日本で行われてきたスタイルでしたが、近年新しいスタイルのお墓が次々に登場してきています。土葬が主流だった時代から火葬へと変化してきたように、時代の流れに沿って新しいお墓が出てくるのは当然のことかもしれませんよね。

新しいお墓は大半が宗教を問われることなく、無宗教の方でも安心して利用できます。1人でもご家族でも、家族以外の友だちとでも一緒のお墓に入れますし、ペットとともに納骨できることも多いので、きっとあなたの希望に近いお墓が見つかるに違いありません。

では、さっそく新しいお墓のスタイルを見ていきましょう。

納骨堂

納骨堂(のうこつどう)とは、遺骨を入れた骨壺を安置しておく場所のことで、従来のお墓が屋外であることから、違いを明確にするために「屋内霊園」と呼ばれることもあります。1人分のスペースから利用できるため、先祖代々受け継いでいるお墓とは全く違ったイメージのお墓です。

元々納骨堂は「遺骨をお墓に収めるまでの預かり場所」でしたが、お墓なしで骨壺の形のまま置いておくということも今では一般的になりました。墓標が不要で置いておくスペースも少なくて済むので、従来のお墓と比べて費用が安いなどさまざまなメリットがあります。

墓地にあるお墓を一軒家とすれば、納骨堂はマンションのようなものだと言われています。納骨堂であれば上下にも骨壺を置けますし、雨風にさらされることもないのでお手入れも簡単です。

納骨堂の中には、墓標のある個室タイプを選べるところもありますので、希望に合わせたお墓が作れます。個室タイプはお値段が高くはなりますが、外にあったお墓が室内に移動したようなイメージなので、昔からのしきたりを重んじる方にも受け入れられやすいかもしれません。

納骨堂は駅から近い場所にあることが多いので、ひんぱんにお墓参りしたいという方にとっても便利ですよね。核家族化が進んで、面倒なことをできるだけ省いた現代人のライフスタイルに合ったお墓と言えます。

MEMO

納骨堂の遺骨は、あらかじめ契約した安置期間を過ぎれば永代供養墓などへ移されることもあります。契約内容によって費用も変わるので、予算や希望をよく考えた上で契約しましょう。

樹木葬

樹木葬(じゅもくそう)とは、墓石の代わりに花や草木などを目印として納骨するお墓のことです。墓石がないので霊園が植物園のように美しく、お墓につきものの暗いイメージがありません。

自然や草花が大好きで「死んだら土にかえりたい」と思う方には合っているかもしれませんよね。樹木葬は、友だち同士や正式な家族でなくとも一緒に入れるため、LGBT(性的少数者)の方たちにも注目されています。

価格が手頃な樹木葬は、募集に対して10倍以上の応募が殺到することもあり、今大人気のお墓のスタイルなのです。

海洋散骨

海洋散骨(かいようさんこつ)とは、粉砕した遺骨を海に撒くことです。遺骨全部を撒けばお墓は作れませんが、海洋散骨した残りをお墓に入れたり、一部の遺骨を手元供養にしたりすることもあります。

こちらも樹木葬と同様に自然葬の一つですので、海が大好きで「死んだら海にかえりたい」と思う方には理想的かもしれませんよね。船を一隻チャーターして列席者によるセレモニーを行うサービスもあり、こちらも今大人気です。

さらにハワイの海で散骨できるサービスもあります。



ハワイでの海洋散骨は、お葬式のイメージとはほど遠いですよね。動画を見て少し驚きましたが、遺されたご家族が故人を偲んで前向きな気持ちで生きていくための区切りとしては、とても良いものだと思えます。

自宅で納骨

自宅で納骨とは、家の中にお墓を作るというまったく新しい発想の納骨方法です。今まで納骨は家以外の場所でというのが常識でしたが、亡くなった後も遺骨を近くに置いておきたい方や毎日手元で供養したいと願う方の声によって誕生しました。

すでに納骨用の専用家具も販売されていて、近所にお墓を買うのが難しい方や、墓参りを考えると引っ越しも自由にできないと考える方にも適しています。お墓が高額な買い物となってしまった現在の事情に合ったお墓ですよね。

専用家具は仏壇のようになっていて供養しやすい作りになっているものもありますが、宗教色のないやり方で供養するのももちろん自由です。昔は家の中に遺骨を長期間置いておくのは「成仏できない」などと言われて良くないとされてきましたが、遺骨を手元に置くことで遺族が前向きに人生を進められるのでしたら、良い方法と言えるでしょう。

こちらは自宅で納骨できる家具の一例です。

ペットと一緒に納骨

少子高齢化社会の日本は、いまや子どもの数よりペットの数の方が多くなっています。そしてこの時代の流れとして、家族として暮らしてきたペットと一緒に納骨されたいと考える方が増えてきました。しかし従来のお墓では人間と動物は一緒に埋葬できないことが多いのです。

そのため「ペットと一緒に入れるお墓」としてわざわざ募集している霊園も出てきました。なぜなら仏教的な考えでは、人間以外の動物は「畜生(ちくしょう)」という扱いをされていて地位が低いので、人間と同じ扱いは禁じられているのです。※悪いことをした人間が、来世では畜生に生まれ変わるなどと言われています。

ペットと一緒に納骨されたいとお考えでしたら、ペット納骨が許可されている霊園、納骨堂、樹木葬、自宅での納骨などを選べばスムーズです。通常の墓地や霊園ではペット納骨が禁止されているところもあるので、契約前に確認しておくのを忘れないようにしましょう。

手元に分骨 ~遺骨ペンダントなど~

手元に分骨とは、たとえば身につけるペンダントや家に飾る置物に遺骨の一部を入れる方法です。粉砕した遺骨を混ぜて美しいガラス玉を作るようなやり方もあり、こういった身の回りに遺骨を置くような供養方法をまとめて「手元供養(てもとくよう)」と呼んでいます。

手元供養は、人間が亡くなったときはもちろんのこと、ペットを亡くされた方にも人気があります。小さな骨壺に遺骨の一部を入れるもの、フォトスタンドに遺影を飾ってその中に少々遺骨を収められるようになっているものなど、さまざまなタイプがありますので、ご家族に喜ばれるようなものを探してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は新しいお墓のスタイルについてお伝えしました。どんな内容だったかサラッとふり返ってみましょう。

  • 納骨堂とは、遺骨を入れた骨壺を安置する室内のお墓
  • 樹木葬とは、墓石の代わりに樹木を目印にするお墓
  • 海洋散骨とは、粉砕した遺骨を海に撒くこと
  • 自宅で納骨とは、自宅に作るお墓
  • ペットと一緒に納骨とは、人間とペットがともに入るお墓
  • 手元に分骨とは、遺骨の一部を手元に置くこと

海洋散骨ですべての遺骨を撒いてしまえばお墓は作れませんが、一部を残して手元供養とするなど、複数の方法を組み合わせる方もいらっしゃいます。少子高齢化が現実となった今の日本では、昔ながらのお墓や供養方法を続けるのが難しくなってきているのです。

このような新しいお墓は、墓地や霊園にお墓参りというのが当たり前の世代からすれば、かなり違和感があるかもしれませんよね。しかし考えてみれば、自宅で行っていたお葬式を葬儀場で行うようになるなど、葬儀の常識も昔と今ではずいぶん変わってきているのです。

従来のお墓に納骨すると、墓守がいないなどで悩んで困ることがありますが、新しいお墓を選べばそんな悩みもなくなります。それにライフスタイルにぴったり合ったお墓でしたら、ご家族も納得のいく供養ができる可能性が広がりますよね。

新しいお墓のスタイルを色々と知った上で、従来のお墓を選びたいというのであれば、それがあなたやご家族が本当に希望するお墓のスタイルということになるでしょう。ご自分が最期に落ち着く場所について、生前から真剣に考えてみてはいかがでしょうか。

MEMO

ご本人が新しいスタイルのお墓を希望されても、昔ながらの常識にこだわる方がご親戚などに多い場合は、希望通りのお墓を選ぶのは難しいかもしれません。どういったお墓を選ぶかについては、ご家族やご親戚ともよく相談した上で決めることをオススメします。

すぐ電話する 葬儀費用をお見積もり
葬儀のご相談は03-5877-2534までお電話ください。