東京の最安葬儀なら葬儀会社「極空ごくう」。お葬式の事ならお任せ下さい

葬儀に彩りを。大切な方の華やかな旅立ちを演出する現代らしい祭壇「花祭壇」の魅力

「花祭壇」という言葉をご存知でしょうか。
葬儀の際に、故人を弔うための供物や遺影を飾っておく「壇」を祭壇と言いますが、その名の通りこの「壇」をお花で華やかに飾りつけをしたものを「花祭壇」と呼んでいます。

一昔前までは、この「花祭壇」は価格も高く、有名人の葬儀や社葬など、大規模なお葬式でしか見られない様な珍しいものでした。しかし近年では、一般葬や家族葬でもこの「花祭壇」が多く選ばれるようになってきており、葬儀社でも様々な「花祭壇」のプランが用意されています。

葬儀で使われるお花

「花祭壇」に限らず、葬儀にはお花が多く飾られます。特に近年は、昔からの慣習に縛られない自由な葬儀のスタイルが多く確立されてきている事から、使われるお花の種類も非常に多くなりました
カーネーションや、薔薇のトゲを取ったものなど、ユリや菊といった定番の花に限らず会場を華やかに彩る為のお花は葬儀には欠かせません。葬儀会場で飾られるお花には下記のような種類があります。

供花(きょうか・くげ)

祭壇の両脇や葬儀会場でお供えとして飾られているお花で、故人への弔いの意を表します。
ユリや菊などの白い色の花でアレンジされたもので、遺族はもちろん親戚や会社関係、友人など誰でも出す事ができます。

やむを得ない事情により葬儀に来られない方が「お花だけでも」とお送りする場合もあります。
供花の送り方や種類など、送るにあたって気をつけなければならないマナーもありますので確認しておくと間違いありません。

花輪(花環・はなわ)

輪っかの形をした円状のお花の飾りです。新規オープンのお店などで店先に飾られる事が多いですがその弔事用です。白を基調として作られた葬儀に適したデザインで、生花に限らず造花が使われる場合もあります。
通常の供花に比べてサイズも大きい為、会場の外や入り口に飾られます。親しい親族や会社・団体が手配を行う場合が多いです。

祭壇のお花

供花とは別の、祭壇そのものを飾るお花です。従来のシンプルな白木祭壇だけでなく近年では祭壇を華やかに彩る為、白以外の色の花も使われるようになりました
完全にお花だけで飾り付けた花祭壇や白木祭壇をベースにして飾り付けたものなど、デザインは様々です。祭壇のお花は、葬儀社を通じて施主(喪主)が手配を行います。

枕花(まくらばな)

故人の枕元に飾るお花です。御臨終からお通夜にかけて置かれるのが一般的で、床や畳などに直接置いておける籠に入ったアレンジや台のついたものを生花店や葬儀社に依頼します。

親族が手配するのももちろんですが、訃報を聞きつけた親戚や友人などから送られる場合もあります。

昔ながらの祭壇

さて、葬儀に使われるお花を確認しましたがここからは祭壇について紹介します。
仏式葬儀の祭壇と言えば昔から、「白木祭壇」と呼ばれるものが一般的であり伝統的なものでした。「白木(しらき)」と呼ばれる木から作られたもので、元々この白木は皇室などで使われていた木材である事から❝格の高いもの❞というイメージがありました。

白木で作られた祭壇は、シンプルでありながらも厳粛な雰囲気が漂い、落ち着いた昔ながらの葬儀祭壇として今でも根強く指示されています。しかし近年では、この白木祭壇と同様に「花祭壇」という祭壇が広く選ばれるようになってきました

「花祭壇」とは

伝統的な白木祭壇の、白木の部分がそのまま全てお花で飾られた様な、花が存分に使われ飾り付けられた祭壇です。

お葬式と言えば菊などの❝白い花❞が使われるのが一般的で、あまりに華やかな色味のお花は不謹慎にも思われがちでした。
しかし近年ではこの「花祭壇」の普及に伴い、葬儀であっても様々な色のお花で祭壇を飾り付ける事で葬儀会場が華やかになり、❝白木祭壇に白い花❞が定番だった暗い雰囲気になりがちのお葬式の場を少しでも明るく飾り付ける事ができる、とされて人気が出るようになりました。

宗教的な要素も薄くモダンな印象を与える事ができるのに加え、特に生花を使う事によりほんのりと会場に柔らかな花の香りが漂い、そして心から安らぎを感じられる空間で葬儀を行う事が出来る点が魅力です。

「花祭壇」に飾るお花とは

お葬式では生花を使用する傾向がある事から花祭壇を選択すると価格も高くなり、一昔前までは一般家庭の葬儀では選ばれる事はあまりなく、会葬や団体葬などの葬儀での飾りつけが主でした。

しかし近年では多くの葬儀社が一般向けの「花祭壇」に特化した葬儀プランを用意しています。時代の変化と共に核家族が増え、葬儀も一般的なものからよりコンパクトなスタイルの家族葬や一日葬といった葬儀が主流になりつつある為、見送る側の人が少ないからこそお花で祭壇を華やかに飾り、温かさに包まれた葬儀空間で見送ってあげたいという利用者が増える様になりました。

白一択だったものから、カラーユリ・ラン・カーネーション・バラなど様々な色のあるお花をメインとして、ピンクやその他の色も選ばれるようになりました。葬儀社と事前に打ち合わせを行い、故人の好きだった花や好きだった色で祭壇を飾り付ける事ができるプランもあります。

花祭壇の種類

花祭壇の中にもいくつかの種類があります。
故人の希望や遺族の希望・イメージ、そして予算に合わせて家族で相談し、葬儀社との打ち合わせの中でイメージを固めていきます。

生花祭壇

本物のお花を使い飾りつけした祭壇を「生花祭壇」と言います。
飾りつけの為の祭壇に生花をたくさん使いますので非常に華やかで気品のある祭壇を作る事ができます。供花との釣り合いも良く、会場全体に生花のやわらかな香りが広がり、参列者の方の記憶にも残る素敵な祭壇に仕上げる事ができます。

しかし、費用面では決して安くはないので予算に合わせたデザインやボリュームを選ぶようにしましょう。

造花祭壇

葬儀では通常、供花(祭壇に飾られる親族や親戚からのお供え花)には生花が使われるのが一般的です。しかし祭壇に飾り付けるお花全てを生花で準備しようと思うと価格が高くなってしまいます。その為、費用を抑えつつ「造花」を使って祭壇を豪華に飾り付けるスタイルのものを「造花祭壇」と言います。
生花ではない分費用をかなり抑える事が出来る点や、生花では準備し難い季節のお花を祭壇に取り入れる事ができるものメリットです。

技術の発達により造花も大変クオリティの高いものがつくられるようになりましたが、例えばそのままお花を故人様のお顔まわりなど棺の中を飾り付けるのに使う場合にはやはり生花でないといけません。

白木祭壇+花祭壇

昔ながらの白木祭壇をベースにして生花で飾りつけをおこなった、それぞれの良い所を組み合わせた祭壇です。白木祭壇ならではの落ち着きがある凛とした雰囲気も残しつつ、花祭壇の華やかな演出も組み合わせた良い所取りのデザインです。完全な生花祭壇と比較すると価格は抑えられる傾向にあります。

花祭壇には、それぞれの葬儀社がこだわった様々なデザインがあります。
フラワーデザイナーやフラワー装飾技能士等、花祭壇をつくる為の専門的な知識を持ったスタッフが手掛けるオリジナルデザインもありますし、例えば故人の趣味に合わせてデザインを選んだりする事もできる場合があります。

どのようなデザインの花祭壇を選ぶ事ができるのか確認したり、あるいは自身の葬儀でどのような祭壇にしたいのかを生前に予め葬儀社のプランナーと打ち合わせをしておく方法もあります。

お葬式のメインとなる祭壇を華やかに飾り付ける事のできる「花祭壇」を是非検討されてみてはいかがでしょうか。

葬儀のご相談は03-5877-2534までお電話ください。