東京の最安葬儀なら葬儀会社「極空ごくう」。お葬式の事ならお任せ下さい

利用者急増中のお葬式スタイル「一日葬」「火葬」とは

昔ながらの一般的なお葬式よりも簡易的に行う葬儀「家族葬」や「一日葬」「火葬」等が近年では人気があります。
お通夜を行い、翌日に告別式・火葬を行う一般的なお葬式「一般葬」とどういった点が違うのか。ここでは「一日葬」「火葬」について詳しく紹介します。

一日葬とは?

「一日葬」とは、その名の通り一日でお葬式を全て執り行う葬儀の事を言います。全てといっても、一日葬では一般的な葬儀で必ず行われる「お通夜」を実施しません
お通夜を無くし、告別式のみ参列者を招いて行われ、その後火葬、という流れとなります。
「家族葬」ではお通夜は実施される傾向が強いので、お通夜の無い告別式のみの一日で完結する葬儀が「一日葬」と呼ばれているイメージです。

一日葬の流れ

告別式から始まるお葬式「一日葬」は、おおまかに下記のような流れで執り行われます。

  • ご臨終
  • ご遺体の搬送、御安置
  • 葬儀社との打ち合わせ
  • 親族への連絡
  • 納棺
  • 告別式
  • 出棺、火葬、骨上げ
  • 法要
  • お骨を仏壇や祭壇へ

告別式から、火葬後お骨を仏壇などに持ち帰るまでのこの流れを一日で執り行います。
「一日葬」の前、ご臨終から告別式までの日数に関しては葬儀会場の手配や火葬場の予約状況により多少の前後がある為に、数日間の御安置が必要な場合も考えられます。
一般的なお葬式から「お通夜」がなくなったものがこの一日葬と呼ぶ葬儀スタイルです。
告別式開始から火葬を終えて解散に至るまでの時間は、移動も含めて平均約4~5時間とされています。

「一日葬」のメリット

遺族の負担軽減「費用面」

まず費用の面では、一般的なお葬式と比較すると一日葬の場合10万円前後安価になるプランもあります。お通夜が無い分、通夜振る舞いでのお料理やアルコール等の提供も無く、参列者自体が一般葬と比較して少ない為、かかる費用負担は軽減されます。

遺族の負担軽減「弔問対応、接待」

一日葬にする事により、一般葬と比較して遺族がゆっくりと過ごす事ができる点もメリットとして挙げられます。
参列者が限られる一日葬では、接待が必要な関係者等はお呼びしない為に受付けやその他の気遣いが必要となる負担はありません。
限られた時間の中で遺族がゆっくり故人と向き合えるのが一日葬の魅力的なところです。

友人も呼ぶ事ができる

お通夜を行わない事以外は、一般的な葬儀と同じ流れで行われる事が多いです。会社関係者などを呼ばずに内々で行うお式なので、逆を言うと限られた人であれば故人や親族の意向でお呼びする事ができるという点です。
ご家族、関係あるご親族や、縁の深かった友人など、本当に大切な方たちで故人の旅立ちをお見送りする事ができます

「一日葬」のデメリット

菩提樹の意向によっては実施できない場合がある

菩提樹とは、お付き合いのあるお寺さん等の事を言いますが、代々お世話になっている菩提樹がある場合には、葬儀での法要などをそちらの僧侶に依頼する事になります。
しかし菩提樹である寺院によっては、そのお寺の決まりや手順を全て行わないと、埋葬の権利が得られない等、注意が必要な場合がありますのであらかじめ確認を行うのが良いでしょう。まずは菩提樹の有無を含め、親族等に確認しておく事が必要です。

ご逝去からの時間は一般葬と変わらない

故人が亡くなった時間(ご臨終)から火葬までは、どんなに早くても24時間が経過していなくてはならないという法律があるのをご存知でしょうか。
ですので、ご安置の場所や費用が気になる場合でも病院等を出てから1日で火葬までの流れを全てこなすのは難しいと言えます。「一日葬」であっても、式を行うまでの日程に関しては葬儀会場や火葬場とのタイミングの兼ね合いがあるので、ご安置が必要な時間を短縮する事はできません。ご安置にも、施設利用料やドライアイス料など費用が掛かりますのでプラン内容の詳細等を葬儀社に確認しておくと良いでしょう。

参列できない方が多くなる場合がある

通常であれば「通夜式」を一日目に行い「告別式」を二日目に行い、二日間をかけて葬儀を行います。その為、例えば仕事の都合でお通夜にしか参列できなかったり、遠方に住んでいる縁の深い方などは告別式のみの参加であったりとご事情に合わせて参列できる式を選ぶ事ができます。しかし一日葬では、決まった一日のみにしか葬儀を執り行わないので、どうしても都合がつかず、葬儀に参列できない方がいる場合があります
その際には、後日「祭壇にご焼香を」といらっしゃっていただく事になる場合もあり、在宅の必要性がある等で葬儀後のフォローを要する可能性もある事を承知しておくようにしましょう。

「火葬」とは?「一日葬」との比較

「火葬」または「直葬」と呼ばれるプランでは、名前の通り火葬を執り行う事をメインとしたプランです。「一日葬」ではお通夜の無いプランでしたが「火葬」「直葬」といったプランでは、更に告別式も執り行わない流れになっています。
火葬のみで故人をお見送りする「火葬式」のスタイルは、例えば生前にご自身でご自身の葬儀プランを検討していた場合や、時代の流れで核家族化が進み親族が少ない場合、または費用を限界まで抑えたプランで供養をしたい場合などに多く利用されます。

「火葬式」の流れ

お通夜も告別式も行わないお葬式「火葬式」は、下記の様な流れで執り行われます。

  • ご臨終
  • ご遺体の搬送、御安置
  • 納棺
  • 出棺、火葬、骨上げ
  • 法要
  • お骨を仏壇や祭壇へ

ご臨終から火葬まで、そして法要を行い祭壇へ。「火葬式」は非常にシンプルなお葬式プランです。例えば納棺の際にも、通常であればご遺体の拭き上げ等を行い、白装束への着替えや死化粧を施す等の一連の儀式がありますが、「火葬式」の場合にはこれらは簡略化されて臨終時のまま納棺となる事も多いようです
「直葬式」とも呼ばれるのはこういった理由からも伺えます。

「火葬式」のメリット

費用面の負担が少ない

「一般葬」よりも安価に住む「家族葬」よりも安価に済む「一日葬」よりも安価に済むのがこの「火葬式」です。儀式に必要な祭壇や会場費など葬儀一式の費用や香典返し、会食費などの費用もかかりません。最低限必要な火葬の費用と法要を行うのであれば僧侶へのお布施が必要となるだけで、費用的負担は他のどのプランよりも安価に済むと言えます。
費用面での遺族への負担が大きく軽減されるのは非常に大きなメリットと言えます。

精神的負担の軽減

故人が亡くなってから、遺族はその悲しみに包まれる中、日に追われ時間に追われ葬儀の準備を進め、様々な事を決定していく必要があります。
式が始まれば喪家としての役目がいくつも待っており、挨拶や受付、会食での接待等負担はかなり大きいものと言えます。
その点この「火葬式」であれば、故人の見送りに要する「式」としての所用時間は短く、遺族の精神的・体力的負担は一般的な葬儀と比較するとかなり軽く済むと言えるでしょう。

「火葬式」のデメリット

遺体の安置に関しては通常通りの費用が必要

先の「一日葬」の項目でもお伝えしましたが、ご臨終から火葬までは最低でも24時間を空ける必要がある点や、安置場所の確保、火葬場のスケジュールによっては、プラン以外にも追加で費用が発生する場合があります
様々なタイミングにより、その時その時で対応しなければならないので予め了承しておく事が必要です。

参列できなかった方とのトラブル

ご縁のある親族やご友人など、葬儀への参列を希望される方からは「火葬式」への理解を得られにくい場合もあります。❝後になって知った❞❝何故声をかけてくれなかったのか❞等のトラブルに発展する場合もありますので、「火葬式」を決断した際には必ず事前に「故人の意向で」「家族の意向で」などと経緯を伝え、理解を得る様にしましょう

故人と過ごす時間の短さ

一般的なお葬式では、お通夜や告別式の間でも故人の側で家族の時間を過ごす事もできます。しかし「火葬式」では、あっという間に納棺し、あっという間に火葬が行われ、瞬く間にその時間が過ぎて行きます。別れを偲ぶ、ゆったりとした時間はほぼ無いと言っても過言ではありませんので、最期の時間を大切にしたい方は、心の準備が必要かもしれません。

以上「一日葬」「火葬式」について紹介しました。それぞれの葬儀スタイルにはそれぞれの良さや気を付ける点があります。故人のご意向があれば尊重するのはもちろん、家族でしっかりと話し合い、周囲の理解を得た上で一番最適な葬儀スタイルを執り行うのが、故人の一番の供養となるはずです。