東京の最安葬儀なら葬儀会社「極空ごくう」。お葬式の事ならお任せ下さい

お葬式のメジャーなスタイル「家族葬」とは?普通のお葬式とは何が違うのか?家族葬のメリット・デメリットを紹介

家族葬とは?

従来は「お葬式」と言えば、親族はもちろん会社関係者やご友人・ご近所の方など、故人と縁のあった方々を幅広くお呼びし、「お通夜」「告別式」を行うのが主流でありました。
しかし近年では、家族構成の少数化(核家族化)などもあり、葬儀には多くの人は呼ばずに家族だけでお葬式を行う傾向が増えてきました。この、家族のお葬式を【家族葬】と言います。

家族葬には誰が参加するの?

❝家族葬❞という名前であるからには、❝家族のみ❞で行う様な印象がありますが、仕事関係者やご近所の方はお呼びしないものの、親族や、縁の深い親しいご友人などはお呼びしても構いません。家族葬を行う方のうち多くの方々が参列者10~20名の規模です。
しかし、誰を呼んで誰を呼ばないといった決まりはありませんので、ご家族の判断でお声掛けをする方を決めていくのが良いでしょう。

家族以外を全く誰も呼ばない、完全な家族葬で参列者が10人以下となる式も多く実施されています。

家族葬の内容は?

弔問者は少なく、規模としては小さいものではありますが、一般的なお葬式(一般葬)と同様にお通夜を行い、翌日に告別式・火葬を行う流れです。
中には、お通夜は行わずに告別式・火葬と1日のみで葬儀を完結する「一日葬」と呼ばれるプランもあります。

お通夜も無く、一日で葬儀が完結してしまうとなると非常に簡易的なイメージもありますが、限られた弔問客をお呼びするのみで、受付の作業や接待なども行わない為家族の負担は少なく故人様との時間をゆっくり過ごせるのが特徴です。

「家族葬」と「密葬」の違いとは

家族葬は、お通夜・告別式を行う一般葬と変わらない流れのお葬式であるものの、参列者をより親しい間柄の方のみに限定したものです。
密葬も❝家族のみで行う❞という点では家族葬と同じではありますが、「密葬」は通常「会葬」「社葬」などといった大規模な葬儀が行われる際の本葬儀の前に行われる葬儀です。(※本葬儀とは…大多数の方をお呼びして大きな会場で故人を供養する葬儀)
「会葬・社葬」というのは、有名人や著名人、名のある会社の代表や経営者など影響力の大きい方の葬儀の事を言います。家族側ではなく、会社側や専門の葬儀団体が葬儀全体を取り仕切って行うもので、何十人・何百人といった弔問客のいる大きな葬儀です。
この場合、葬儀会場やその葬儀に関する準備、会社の取引先へ故人の訃報をお知らせする作業等の理由から、会葬を執り行うまでの準備には一般的な葬儀よりも時間を要します。
その為会葬の準備が整う前に、故人の家族は「密葬」というスタイルのお葬式で故人を見送り、火葬もこの「密葬」の中で執り行う場合がほとんどです。
密葬を行う事で家族と故人との時間がゆっくりと取れる事、または社葬が執り行われるまでの期間ご遺体を安置し続けるのが容易ではない等の理由もあります。

「家族葬」のメリット

家族でゆっくりと過ごす事ができる

「家族葬」と「一般葬」との違いの一番大きな点は弔問客の人数です。通常一般葬だとお通夜・告別式と合わせて20~50名程度が平均弔問者数だと言われますが、「家族葬」は家族を中心に本当に縁の深い限られた参列者のみなので10名~20名程度で執り行われます。
このことから、受付での香典の受け取り作業やあいさつ回り、通夜振る舞い等の食事の席の準備やその他接待などに取られる時間はそれほど多くなく、家族はその分長い時間を故人とゆっくり過ごす事ができます。
家族の中で思い出話に花を咲かせる時間もあるでしょう。故人の事を想い、語り合うのはご供養の一つとされています。
家族で過ごす温かな時間を、より長く感じられるのが「家族葬」の魅力です。

葬儀内容に自由がきく

「家族葬」では、故人様やご家族様の想いに沿った様々なプランを行う事ができます。内々で執り行うので、例えば斎場では故人が好きだった音楽をBGMとして流したり、花祭壇には故人が好きだったお花を彩り良く飾ったり、世間体を重視せず、家族らしいお見送りの方法で葬儀を行う事ができます。
こういった様々なスタイルのお葬式を「自由葬」とも呼びますが、弔問客への配慮にそれほど負担がかからないので、その分葬儀社と綿密にプランニングを行う事が出来る等、各ご家族の色で、より思い出に残る明るい門出を作り上げていく事ができます。(※葬儀社や葬儀会場により対応可能な内容は異なりますので是非お気軽にご相談くださいませ。)

規模が小さいので、葬儀費用を抑える事ができる

お呼びするお客様の数が少ないので、その分会場の広さもコンパクトなもので良いですし、小さめの会場であれば祭壇もコンパクトになる分花祭壇に必要なお花の数も少なくなります。通夜振る舞いでのお食事やお酒、香典返し等…人数が少ない程準備するボリュームも少なくなる多くのシーンで、費用が抑えられる事になりますので、全体的に見ても「家族葬」では「一般葬」に比べて葬儀にかかる費用が低くなる傾向にあります。

「家族葬」におけるデメリット

説明不足によるトラブル

故人の訃報に関するお知らせを行う際に、「故人の希望に従い」「家族の意向で」等の説明を行った上で❝家族葬で葬儀を執り行います❞という事をお知らせしなければなりません。
ご縁のあった方々には失礼の無い様、弔問をお控えいただく旨をお伝えする事で後のトラブルを防ぐようにします。「どうして呼んでくれなかったの」「葬儀の詳細を聞かせてもらえなかった」等、ご気分を害する事態は避けなければなりません。
呼ぶか、呼ばないかを悩む方はできるだけお声掛けするようにしましょう。
また、ご近所様などは例えば僧侶が家を出入りしていたりするのを❝偶然見かけて知る❞場合もありますので、手紙だけではなく、直接お伺いして一声おかけしたり電話等でお伝えする方法も良いでしょう。

自己負担の割合が大きくなる可能性もある

先にお伝えした様に、弔問者数が少ない分、葬儀の費用が抑えられる「家族葬」ですがその反面、親族以外の弔問者が少ない為、いただくご香典も少ないのが実情です。
その為、葬儀全体の費用は抑えられますが喪家側の自己負担の割合が「一般葬」やその他のプランと比較すると大きくなる可能性も考えられます。
予算に関しては葬儀社と事前に必ず細かな所まで打ち合わせを行い、確認をしておくようにしましょう。

後日対応の増加

葬儀の参列者を制限した分日を改めてから❝お焼香だけでも❞と、祭壇のある自宅に訪問してくださる方の人数が多くなるかもしれません。
その際には家族の在宅が必要になりますので、対応するようにしなければなりません。
また、家族葬であった為に葬儀への参列が叶わなかった方から❝ご香典だけでも❞とご香典をお受けする場合があるかもしれません。これに関してはお相手の方からの温かいお気持ちですので断らずに受け取り、後日改めて香典返しをお送りするようにします。

「家族葬」を決めたら・・・

近年増加の傾向にある家族葬。時代の流れや家族のスタイルに非常にマッチしているプランである一方、昔からの風習・慣習に重きを置く方などからはあまり良い印象を持たれない場合もあります。
自身の葬儀で家族葬を希望するのであれば、生前にきちんとエンディングプランを立て、家族と内容を共有しておく事が必要です。長くお付き合いのあるご親戚がいらっしゃる場合などには、親しい間柄の方に相談を行う等、故人の旅立ちを皆で快くお見送りができる様、計画立て行く様にしましょう。

すぐ電話する 葬儀費用をお見積もり
葬儀のご相談は03-5877-2534までお電話ください。