東京の最安葬儀なら葬儀会社「極空ごくう」。お葬式の事ならお任せ下さい

どのように決めたら良いかわからない・・・ 規模やスタイルによって異なるお葬式の❝種類❞とは?

皆さんは、お葬式にも❝種類❞があるのをご存知でしょうか。
自身が喪家となり、更には喪主となる経験は、人生の中でそう何回もありません。
しかしながら、大切な故人様をお見送りする【お葬式】は、現代ではとても多様化が進んでおり、❝どんなお葬式にしたいのか❞を決め、選択する必要があります。
現代のお葬式のスタイルとは一体どういった物なのかをここで紹介していきます。

一般葬・一般葬儀

昔から続く、一般的な葬儀がこの❝一般葬❞です。
一般的なお葬式のイメージ=一般葬という事になりますが、多様化する現代のお葬式のニーズと共に〝一般葬〟という一つのカテゴリとして認知されるようになりました。
遺族・親族を中心に、ご友人やお仕事の関係の方々、交友のあったご近所の方々など、生前にご縁のあった方々を広くお呼びして行われます
通夜・告別式・火葬、法要を終えてからご納骨まで、一般的なしきたりに従い執り行われます。
法要に関しては、宗派や地域により作法や習わしが異なりますので確認しておくと安心です。

社葬

大きな会社の代表を務める方、社の顔として広く知られている方などの葬儀の場合には社葬を行います。会社をあげて、公に葬儀を行い訃報を知らせる事で、取引先や関係各所へお知らせを行うと同時に、抱える社員に会社の事や代表の功績等を改めて認知してもらう場となります。
社葬では通常、故人に代わって会社を背負っていく次期代表が喪主をつとめます。
多くの関係者を呼ぶ事で、会社のこれからを葬儀の場を通じてお知らせします。
会葬者は数百名単位となる事も多く、規模の大きい葬儀会場を貸し切って行われます。
社葬では、葬儀にかかる費用は会社側が負担するのが一般的です。

実は、❝社葬❞と言ってもその会社によって・規模によっての違いもあるのでいくるか種類が分かれます。

団体葬

社葬では通常、会社内の役員クラスの社員が集まり、葬儀委員会を結成します。
その葬儀委員会が主に葬儀の計画や進行を行っていきます。
しかしこの❝団体葬❞では、葬儀を行う上での計画や当日の取り仕切りなどを、会社以外の別の団体が運営して行うお葬式です。
社葬という枠には変わりないので、お取引のある会社様など、会葬者は数多くいらっしゃいます。

合同葬

小・中規模の会社で自営や個人事業主など、故人が自ら会社を設立し経営を行っていた場合にもこの合同葬が選ばれる事があります。
抱える社員はいるが規模が小さいなどの理由で、社葬まではいかなくとも会社としての立場のある方の場合、この合同葬となる場合があります。
なにが❝合同❞なのかというと、「会社として」の故人の立場に加え、「家族の主として」という二つの在り方をそれぞれ尊重した式であると言えます。
一般葬の少し参列者の多いお葬式と内容は似ていますが、合同葬では葬儀にかかる費用を会社側と遺族側で折半するのが一般的です。

家族葬

近年最も増加傾向にある人気の葬儀スタイルです。
その名の通り、家族内で故人を見送る葬儀なので規模としては小さめです。
家族を中心に近しい親族をはじめ、故人様と縁のあったご友人をお招きする事もあります。人数としては10~30人程の規模の葬儀を家族葬としてプランを紹介している葬儀社が多いです。
内容としては一般葬とさほど変わりなく、滞りなく葬儀を行います。

一日葬

一般的な葬儀は、通夜→告別式→火葬という流れですが、一日葬のプランでは通夜が省略となる場合が多いです。
その名の通り、通夜式を行わずに告別式から火葬までの流れを一日で執り行うプランです。
実際には準備等でご遺族の方はゆっくりできない場合が多いですが、通夜式を行わない分、参列者への対応負担が軽減され、家族のみで故人様と過ごす大切な時間が取れるのがメリットです。
また、葬儀にかける費用・時間を短縮できるという点は一日で葬儀を全て終わらせる利点でもあります。

直葬(火葬式)

一日葬よりも更に時短となるお葬式です。お葬式というような大々的に参列者をお呼びするシーンはなく、通夜や告別式は行いません
火葬にて、故人様をご遺族でお見送りするスタイルです。
宗教に拘りが無い場合や、できるだけ費用を安価に抑えたいが最低限の対応はしてあげたいという方にオススメです。

生前葬

その名の通り、生前葬は亡くなる前に行う葬儀の事を指します。
ご自身の葬儀にご自身が出席するという、通常ではあまり考えられないようなスタイルですが、内容としては堅苦しいものではなく❝お別れ会❞のような明るい売雰囲気の中で行われます。
自分の葬儀を自分の好みで実施できるので、企画力やプロでユース力の高い方の葬儀には向いているかもしれません。
ただし死後に改めて葬儀を行う事はしない場合が多い為、予め家族や親族からの理解を得ている必要性があります

音楽葬

葬儀のスタイルというよりは、葬儀の内容に近いものではありますが、例えば仏式の葬儀の場合に僧侶による読経がありますが、それの代わりに音楽を流して故人の供養をおこなうといった様なものです。
予め、生前に好みの音楽や演出などを決めておいた上で「私の葬儀にはこの曲を流して欲しい」などと残した上で生前に自身の葬儀を自身で計画しておく方法もありますし亡くなった故人を思い、家族が音楽葬を計画する事もあります。
地域性や、親族の中に高齢の方がいらっしゃる場合等には、理解を得るのも難しい場合がありますので家族内で予め話し合いが必要です。菩提樹(家族代々でお付き合いのあるお寺)が決まっている場合には、寺院独自の葬儀スタイルが決まっていたり、自由葬を執り行う事が出来ない場合もありますので事前に確認するようにしましょう

自然葬

ご遺体を墓地に埋葬せずに散骨する方法です。火葬後のご遺骨を土に埋めた後に植林を行う「樹木葬」やご遺骨を海にまく「海洋葬」などの散骨方向が選ばれる事も近年では増えてきました。核家族化などによる時代の流れで、お墓があってもその後の管理ができる家族がいない等といった理由から、こういった❝散骨❞も選択肢として増えてきています。
但し、法律や条例などに従って可能な場所などが限られていますので、必ず確認を行うようにしましょう

宇宙葬

これも自然葬のなかの一つと言えますが、故人の遺骨をロケットに乗せて宇宙空間に打ち上げる散骨方法です。この際遺骨はカプセルのようなものに入れます。
ロケットには、容積や質量の規定がありますので入れられる遺骨は数グラム程度という決まりがある場合が多いようです。

数十~数百人分の遺骨(カプセル)を同時に打ち上げ、打ち上げから一定期間で大気圏に突入した後燃焼するシステムや、人工衛星に搭載するもの、月面に対して打ち上げるもの等、プランを発売する各社により様々な方法で提供されています。

以上、現代のお葬式の様々な種類について紹介してきました。
時代の流れとともに、様々なスタイルの葬儀が行えるようになり、家族や故人の希望が尊重されやすくなったのではないでしょうか。

亡くなってから、お葬式の事をゆっくり考えている時間は実はほとんどありません。
悲しみの中にありながら、気持ちを切り替えてあれこれ決めていくのは遺族の負担にもなりかねません。
故人を理想のスタイルで送り出してあげられる為にも、生前に一度家族で葬儀の話をしたり、葬儀や葬儀場をいくつか調べて行ってみるのも良いでしょう。
葬儀社では、事前相談も行っております。何も決まっていなくても、なんとなくのイメージでも構いませんので気軽に相談窓口へご連絡下さいませ。