東京の最安葬儀なら葬儀会社「極空ごくう」。お葬式の事ならお任せ下さい

ちゃんと使えていますか?TPOに合わせた【お悔やみの言葉】

自身の親戚はもちろん、会社の方や友人などから、縁のある方の訃報を知らされた時にはどのような言葉を伝えていますか?
「お悔やみ申し上げます」「ご冥福をお祈り致します」などが一般的なお悔やみの言葉として周知されていますが、その使い方や言葉の選び方を正しく理解する事で、いざという時に自信を持ってお悔やみの言葉を伝えられるようになります。

間違った使い方をしていないか、メールや手紙の時にはどのように伝えれば良いのか等、今一度正しい❝お悔やみの言葉❞の使い方を確認していきましょう。

「お悔やみ」とは?

「お悔やみを申し上げます」という挨拶の中には、人の死を弔う意味を持つ「悔やむ」という言葉が入っています。この悔やむという言葉に丁寧語である「お」をつけ、さらに「申し上げる」という謙譲語を付ける事で、言葉を伝える相手への敬意を表しています。
縁のある方が亡くなった事に対する残念な気持ちと、遺族に対してかける慰めの気持ちと両方の意味を持ちます

お悔やみの言葉を伝える時のマナーとは?

縁のある方が亡くなった場合、お通夜や告別式に参列した際や訃報を聞いた時など、様々なシーンでお悔やみの言葉をご遺族にお伝えするタイミングがあります。
そのような場面でお悔やみの言葉を伝えるにあたり気を付けなければならないマナーには下記のようなものが挙げられます。

簡潔に伝える

特に電話で訃報を知らされた時にはできるだけ手短に済ませるのが望ましいとされます。
大事な方が旅立たれた悲しみに浸る時間もつかの間、ご遺族は忙しなく通夜や告別式の準備等を進めなければなりません。そんな中、親族をはじめご縁のあった方々に訃報の知らせを連絡していくのは事務的な部分でもある為、あまり長話にはせずに簡潔にお悔やみの言葉を伝えるのが良いでしょう。

詳細を聞く事は避ける

つい気になってしまいがちですが、死因を詳しく問う等の話題は避けるようにします。傷心のご遺族に対し、お悔やみの言葉と共に詳細を聞くような事は失礼にあたります。縁のある方の訃報という事ならなぜ亡くなったのかは気になる事ではありますが、後程知る機会があるはずですので、訃報を知らされた時やお通夜・告別式への参列の際などには詳細を伺う質問は避けるのがマナーです。

忌み言葉を使わない

「忌み(いみ)言葉」というのは、使うのに適していないとされる言葉の事を指します。葬儀や法事など、人の死に関する時の忌み言葉として広く知られているものには下記のような言葉が挙げられます。

重ね言葉

「たびたび」「いよいよ」「ますます」「重ね重ね」
一つの言葉を2回重ねて使う言葉は❝重ね言葉❞と言われ、葬儀の忌み言葉とされます。

繰り返しを連想させる言葉

「再び」「再三」「追って」
不幸を繰り返すとされ避けられている言葉です。

次を連想させる言葉

「なお」「また」
これらの言葉も、不幸が続くと連想される事から忌み言葉として避けられています。

「死」そのものを表現している言葉

「死ぬ」「死亡」「死去」「生きる」「生存」など直接的な言葉もNGとされています。
会話の中でこのような表現を使う場合には「ご逝去」と言い換えたり、亡くなる前を言い表したい場合には「お元気でいらした頃には~」などといった表現を使うようにします。

口頭ではなく文面でお悔やみを伝える場合

メールやLINEなど、個人同士が連絡を取り合える手段が増えている現代では、訃報の知らせや葬儀の知らせを一斉送信で連絡するといった場合もあります。
そのようなお知らせに対しての返信でお悔やみの言葉を伝えたい時には、送り主との間柄が親しい場合や会社関係・ビジネス関連の間柄の場合にはそのままメールに返信する形でも良いとされています。

しかしメールでのお悔やみは簡略的である印象も強い為、知人・友人といった間柄であればほんの一言二言を伝えるだけでも電話等で直接話ができると良いでしょう

また、「ご愁傷様です」という表現に関しては口頭のみで使えるものとされ、メール等の文章でのやり取りには不適切なので注意が必要です。

代表的なお悔やみの言葉

お悔やみ申し上げます

人の死を弔うという意味をもつ「お悔やみ」という言葉が使われたこの表現は、遺族と直接話す場合でももちろん、弔電やメールなど文章でお悔やみを伝える際にも問題なく使う事ができる定番の表現です。
故人の死を悲しく思う気持ちや残念である気持ちを表現しています。

遺族へのお声がけとしても適しており、悲しみに寄り添う言葉のイメージがあるので印象も良いでしょう。
「心より」「謹んで」と文頭につける事で、より一層丁寧な表現として使うことができます

ご冥福をお祈り致します

ご冥福の「冥」の字は人が亡くなった後に行くとされる世界「冥途」の事を、ご冥福の「福」の字は「福」を招く事や「幸せ」という意味を持ちます。

つまり、「ご冥福をお祈り致します」という表現には「死後の世界での幸福をお祈りしています」「死後の世界に無事に辿り着けます様に」といった意味が込められています。
仏教の考え方に基づいた表現なので他宗教の場合には使う事ができません

ご愁傷様です

ご愁傷の「愁」の字は憂いの気持ちを、ご愁傷の「傷」は痛みを表すとされています。
これらが合わさり「ご愁傷」となると、傷を憂い気持ちに寄り添う事で遺族への同情や慰めの感情を表現しているとされます。

しかしこの「ご愁傷様です」という表現はまれに「お気の毒様」といった気の毒な様をからかう皮肉めいた表現として使われる事があるので注意が必要です。受け手の感じ方は異なりますので、特にメールや弔電など文面での使用は避けるのがベターです。

哀悼の意を表します

人の死を悲しんで悼む(いたむ)ことを哀悼の意を表すと表現します。
「哀」という字に込められた、哀れむという意味と「悼」という字に込められた、悼む気持ちを表した表現が「哀悼」です。

似た言葉に「追悼」がありますが、「追」の字に込められた〝後から辿る事〟という意味を考慮すると、追悼の場合は少しの時間経過があった上で故人の生前の姿を辿りながら、死を悼むというニュアンスです。

故人を想い悲しみで心が痛みますと言うような意味をもつこの「哀悼の意を表します」という表現は弔電などの文中ではよく使われますが、遺族に対して直接口頭で伝える事はあまりありませんので注意が必要です。
目上の方や会社関係者など、敬意を払うべき間柄の方への弔電の際には「謹んで」と文頭に付け加えると、より弔意が強調されて良いでしょう

覚えておきたいマナー

お悔やみを伝えるお相手の宗派に注意する

これまで紹介してきたお悔やみの言葉は、一般的な仏式に対応するお悔やみの言葉ですがもしお相手が仏教以外の宗派だった場合には失礼にあたる場合があるので注意が必要です。

仏教では死後、三途の川を渡り四十九日をかけて冥途の世界(あの世)へと行くとされている為「ご冥福」という表現を用いますが、キリスト教の場合には死後すぐに神の元に召されるとされるので「ご冥福」を使ったお悔やみの言葉は適しません。
神への感謝の気持ちや故人を想うことが大切とされる為「安らかな眠りにつかれますよう、心からお祈り申し上げます」といった表現が多く用いられます

神道では、葬儀の中で故人の霊(御霊=みたま=)をご遺体から霊璽(れいじ)と呼ばれる仏式で言う位牌にあたるものに移す儀式を行います。その為神道の場合も「冥途」の概念が無い為に「ご冥福」という表現は適しません。「御霊の安らかならんことをお祈りいたします」といった表現が多く用いられます

自分が遺族側の時、お悔やみの言葉への返し方

遺族へのお悔やみの言葉の伝え方を紹介してきましたが、自身が言われる側の時にはどのように返したら良いでしょうか。
葬儀の受付などでは、言う側も言われる側も短く簡潔に対応する場合が多い為「恐れ入ります」といった表現が適しています
口頭でも文章でも使う事ができる表現としては「お心遣いありがとうございます」などが良いでしょう

最期に・・・

この他にも、お相手との関係性によって適したお悔やみの言葉は多く存在します。
親しい間柄の方が喪主をつとめている場合には「大変でしたね」という様な寄り添う言葉を選んで声を掛ける場合もあります
難しい言葉を無理に使おうとせず、「突然の事で言葉が見つかりません」といった表現も良いでしょう

気を付けなければならないマナーに注意し、失礼にあたらない丁寧な言葉選び・心遣いでお悔やみの言葉を使いこなせるようにできると、いざという時も自信を持って対応できるのではないでしょうか。

すぐ電話する 葬儀費用をお見積もり
葬儀のご相談は03-5877-2534までお電話ください。